しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
津波!!命を救った稲むらの火
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

津波!!命を救った稲むらの火

文・絵: 高村 忠範
原作: 小泉 八雲
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「津波!!命を救った稲むらの火」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ある秋、村の人々がお祭りの用意をしていると、長くてのろく、ふんわりとした地震がおきた。海を見おろす高台に住んでいた五兵衛は、地震のあとに、波が海の沖の方へとしりぞいていくのを見て…。

ベストレビュー

知っておきたい実話

最近は世界各地で自然災害が多いです。
このおはなしは実話に基づき、わかりやすくそのエピソードを伝えてくれます。
浜口五兵衛は海の異変に気づき、すばやく避難を伝えるために、
大事な稲に火を放つのです。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が『生ける神』と紹介し、
後、ひとりの小学校教師を通じて昭和初期に教科書にも採用されたエピソード。
異変を察知する人々の言い伝えの確かさ、対応のすばやさ。
学ぶことはたくさんあります。
身近なニュースで地震や津波を感じていた息子達の心にも
響いたようでした。
モデルは実在の浜口梧陵。
小学生以上ならこの絵本を手がかりに、
エピソードの詳細や浜口梧陵の功績、
津波について、その原因の安政の南海地震について、など
詳しく調べるのもおすすめです。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さんのその他の作品

たけくらべ・山椒大夫 / 雪女

高村 忠範さんのその他の作品

怪談小泉八雲のこわ〜い話 1 耳なし芳一・ろくろ首



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

津波!!命を救った稲むらの火

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット