バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
上を向いて歩こう!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

上を向いて歩こう!

作・絵: のぶみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

「上を向いて歩こう!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人気絵本作家・のぶみが、東日本大震災の被災地で行ったボランティア活動記。
3・11のわずか2週間後、宮城県・石巻に入ったのぶみ氏。過酷なヘドロの掻き出し作業や現地の人との交流、湧き上がる感情を真っ向から描いた、出色のエッセイコミック!

作/のぶみさんからのメッセージ

 エッセイマンガ『上を向いて歩こう!』は、僕が3月末に宮城県石巻市に行ってきた話が書いてある。震災から2週間後に行ったので、街は、信じられないほどめちゃくちゃだった。死体を運ぶ人がたくさんいる、死んだ魚が腐ったにおいをはなつ。
 夜中に赤ちゃんが避難所で泣くと、「うるせぇ、出てけ!」と怒鳴り声をあげるおじさんがいる。仕方ないので、お母さんは、避難所を出る。外は、雪だ。
 そんな雪の中の専修大学の校庭に、僕らは、テントはって毎日、いろんなお手伝いをしていた。マイナス5℃である。体は、疲れ果てていたけど、自分がやったことで泣きながらありがとうと言ってくれたお母さんがいて、ホント感動した。
 人は、苦しい時ほど自分のホントが見えるよ。ボランティアは、ただで働く。お金は、もらわないかわりに何が残るのか。僕は、そのことをこの本で書きたかった。
 夏休みにボランティアに行く人、是非、読んでください。

上を向いて歩こう!

ベストレビュー

行動力のすごさ、体験を実感

絵本作家のぶみさんの、思い立ったら即行動のバイタリティーを痛感させられる作品です。
あの大震災の直後に、考える前に跳べというような支援活動。
大変さは、活動だけではなく、現地での感情的な殺伐さに耐えることだったのですね。
5か月後に支援作業をした自分の、緊迫感のなさを恥じるばかりです。
あの震災は、次第に人の心から薄らいでいくように思いますが、この本は、心の底に大切なことを残してくれていると思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

おこらせるくん / このママにきーめた! / ぼく、仮面ライダーになる! エグゼイド編 / いのちのはな / サンタパスポート / ママのスマホになりたい



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

上を向いて歩こう!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット