もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
いい天気
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いい天気

  • 絵本
作: 高橋 うらら

本体価格: ¥1,500 +税

「いい天気」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

育子のお姉ちゃんはダウン症という障害をもって生まれてきた。育子はいつも、障害者をみる世間の冷たい目からお姉ちゃんをかばってきた…。障害者と向き合う家族を軸に真正面から、障害に取り組んだ創作童話。

ベストレビュー

子供の目線から

障がい者と向き合う、二つの家族を軸に、真正面から障がいについて取り組まれた創作童話です
ダウン症の姉を持つ育子は小学校5年生
養護学校からの帰りのバスのお迎えで育子はいつも石や砂をかけられることを母に告げられずにいた
転向してきた飯島君という気になる野球少年の祖母も実は車椅子生活であった

子供の目線から障がいについて疑問に思うこと、周りの目に傷つくこと、誤った考え方など、ストレートに問題を提起しながら物語は進みます
作者自身の妹さんが高度難聴であったため親族の気持ちは痛いほど良くわかるとあとがきに記されてました

日本は障がいについての周知がまだまだ不足で、家族の心の中は「雨かくもり」の状態
それは担任の先生の言葉にも表されていますが、残念なことにこれが現状だと思います

読みやすい物語なので小学校高学年からお勧めです
大人の方もどうぞ
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高橋 うららさんのその他の作品

夜やってくる動物のお医者さん / 集英社みらい文庫 動物たちからのプレゼント さよなら、ハムハム! / 集英社みらい文庫 動物たちからのプレゼント 命をありがとう! 動物園ものがたり / 集英社みらい文庫 犬たちからのプレゼント / フォア文庫 犬たちがくれた音 / ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

いい天気

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット