だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
くるみ割り人形
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くるみ割り人形

  • 絵本
作: ズザンネ・コッペ
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 池田香代子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

クリスマス・イヴのこと。マリーは、ツリーの下にプレゼントのくるみ割り人形を見つけます。その夜、マリーはいつしか不思議な世界に入り込み、くるみ割り人形を大将にしたおもちゃたちと、ネズミの軍勢との戦いの中に身をおいていました……。1816年にホフマンが発表したこの作品は、現実と空想とがからみあった素晴らしいメルヘンとして、長く愛されてきました。美しく繊細な画風で人気のツヴェルガーが、細やかな筆づかいで、ホフマンの世界を見事に表現しています。音楽と朗読のCD付き。

ベストレビュー

原作への導入に

バレエで有名な「くるみ割り人形」の原作、
ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王さま』は
なかなか読み応えのあるファンタジーです。
バレエで展開するお話とは違うので戸惑うことも多いのです。
この絵本は原作への導入として描かれました。
それでもやや長いお話なので、ツヴェルガーの繊細な絵とともに
じっくりと味わってください。
クリスマスイブの夜、ツリーの下に奇妙な人形を見つけたマリー。
真夜中に起こったねずみの王さまとの戦い。
幻想の世界が広がります。
完訳の原作本をもう一度読んでみよう、と思いました。
(レイラさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男

さんのその他の作品

ブレーメンの音楽隊 / すべての子どもたちのために 子どもの権利条約 / 白鳥の湖 / 世界がもし100人の村だったら / ペローの赤ずきん / ペローの青ひげ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

くるみ割り人形

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット