くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
もういちど家族になる日まで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もういちど家族になる日まで

  • 児童書
作: スザンヌ・ラフルーア
訳: 永瀬 比奈
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年12月
ISBN: 9784198633172

小学校高学年から
B6判
320ページ

出版社からの紹介

11歳の少女オーブリーがひとりで暮らして一週間になる。
パパと妹は自動車事故で亡くなり、そのうえ、ある朝ママがいなくなってしまったのだ。
おばあちゃんの家に引っ越したオーブリーは、徐々に新しい生活になじんでいく。
ある日、ママの消息がわかり…? 
心に深い傷を負った少女が、まわりの人々のやさしさに包まれて立ち直っていく姿を描く感動作。

ベストレビュー

寄り添ってくれる存在と共に、心の危機を乗り越える

 11才の女の子オーブリーは、家族旅行中の自動車事故で、父と妹を亡くした。その車を運転していた母は心を病み、ある日突然、家を出て行ってしまう。家族を亡くし、母から置き去りにされたオーブリーの心の傷の深さは計り知れず、物語のテーマは重い。しかしそれにも関わらず、読み手にとって比較的読み進めやすい作品になっているのは、オーブリーを取り巻く人々の温かさゆえだろうか。

 こんな大きな喪失感に打ちのめされている子どもに対して、いったいどう接したら良いのか?戸惑いもあって当然だが、祖母、隣人、学校のカウンセラーなどの援助、接し方は自然で心地よい。みんな素敵な人達だ。また辛い気持があっても、少しずつ新しい環境を受け入れていこうとするオーブリーは聰明な子どもだ。この先きっと、母との新しい関係もうまく築いていくことだろう。

 オーブリーはひとりぼっちになった時に金魚を飼い始めた。何も言わなくていい、ただ寄り添ってくれる存在が(たとえ水槽の中の小さな金魚であっても)いかに人の心を慰めてくれるかということを強く感じた。

 明るい表紙の絵は、オーブリーが心の危機を乗り越えて前向きに生きていくことを暗示しているようだ。栞ひもは、表紙の絵に良く合う淡い紫、スミレ色。「今日はここまで・・」と栞ひもを挟む度に、オーブリーに同化して辛くなっていた心がその優しいスミレ色に慰められた。こんな経験は初めてだった。ちょっとしたことだが電子書籍では味わえないことだと思った。嬉しかった。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


永瀬 比奈さんのその他の作品

モンスーンの贈りもの / アンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか / リキシャ・ガール / しろいふゆ / シャングリラをあとにして



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

もういちど家族になる日まで

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット