庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
モンスタータウンへようこそ(1) モンスター一家のモン太くん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モンスタータウンへようこそ(1) モンスター一家のモン太くん

  • 児童書
作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年10月31日
ISBN: 9784198635015

小学校低中学年から
A5判 80ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


土屋富士夫さんにインタビューしました!

みどころ

おかあさんは魔女、お父さんはフランケンシュタイン。
ペットはオオカミ犬とばけねこで、親友はガイコツくん。
だけどぼくだけは・・・ふつうの人間!

こんな気になる紹介で始まる『モンスター一家のモン太くん』の舞台は、
モンスターと人間が一緒に住んでいるという驚きの設定の、モンスタータウン。
学校もスーパーも、映画館だって一緒だっていうんだからドキドキしちゃいますよね。
作者はあの人気絵本『もっちゃうもっちゃう もうもっちゃう』の土屋富士夫さんです。
初めて手がける読み物シリーズということで、楽しみにしないわけにはいきません。

お話はふたつ。
まずは家族と舞台の紹介「モンスタータウンへようこそ」。
そしてふたつ目のお話「モン太くんのグラグラな日」では、さっそく土屋さんワールド全開です。
朝からグラグラして今にも抜けそうな歯が気になって、一日ずっと落ち着かないモン太くん。
とうとう身の回りから足もとまでグラグラしだして・・・大変なことに!?
読み物と言っても、どのページにも大きくて楽しい絵が入っているし、画面の隅々まで遊びが満載。
はじめてのひとり読みにはぴったりですね。

ところで最後、無事に歯がぬけたモン太くんの口からはえてきたのは・・・!
これからの展開が絶対面白くなるに決まっているこの終わり方。
もうこのシリーズから目が離せなくなってしまいました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

モン太くんは、モンスタータウンにすむ男の子。
ここはモンスターと人間がなかよくくらす町。
モン太くんのおかあさんは魔女、
おとうさんはフランケンシュタイン。
親友は、おはかにすんでるガイコツくん。
「どうしてぼくだけ、ふつうの人間なのかなあ」
だけどある日、すごいことが…?
はじめての「ひとり読み」にぴったりの、楽しいお話。
挿し絵多数!

ベストレビュー

ちょうど良い!!

このお話は長い感じかなって思ていたのですが、自分で読むのにちょうどいい内容と字数でした!!子供のツボも抑えていて時間はかかりながらも自分で楽しく読んでいました。途中四コマ漫画でお話が進むとこだけ手伝って読んであげていたのですが、その四コマ漫画がなぜか一番気に入っていました!
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


土屋 富士夫さんのその他の作品

おっちょこちょいのオットさん / 妖怪 いじわるひょうしき / モンスタータウンへようこそ(2) モン太くんとミイラくん / ぼくはきょうりゅうハコデゴザルス / セロリマン♪さんじょうでやんす / たっくんのおしろ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

モンスタータウンへようこそ(1) モンスター一家のモン太くん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット