新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

POO うんち

POO うんち

  • 絵本
作: 二コラ・デイビス
絵: ニール・レイトン
訳: 唐沢則幸
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「POO うんち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784577028735

出版社のおすすめ年齢:中学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カバの道しるべになり、ナマケモノの伝言板になり、ウサギのごはんにもなるもの---ウンチ!その謎にユーモラスにせまります。

ベストレビュー

うんちは奥が深い

 息子の熱いリクエストに応えて読みました。うんちにまつわる興味深い知識、エピソードが満載の小学生向けノンフィクション科学絵本です。
 たとえば、シロナガスクジラのうんちは、巨大なイチゴのアイスクリームのよう。ウサギやコアラは十分な栄養を摂取するために自分のウンチを食べてもう一度消化する。オスのカバはしっぽを素早く振ってうんちを撒き散らし自分が大きくて強いのだというメッセージをあたり一面に力いっぱい振りまく――などなど。これらはみんなこの絵本を読み、知ったことでした。ウンチは自然界のリサイクルということで、地球の自然、生態系保護まで幅を広げて語られます。
 ゆかいなイラストと、親しみやすい語り口調、加えて知って楽しいお話が詰まった、三拍子揃った絵本。息子はこれを開くと、最初から最後まで笑顔が絶えません。『うんちしたのはだれよ』で、動物のウンチに興味を持ったら、ぜひ。少し長いので、何回かに分けて読むのもいいでしょう。
(ムースさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
1,430円
1,650円
2,970円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
440円
440円
385円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

POO うんち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら