ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
さようなら、おばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さようなら、おばあちゃん

  • 絵本
作: メラニー・ウォルシュ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月17日
ISBN: 9784593505586

3歳から
270×250mm 40ページ

課題図書すばこ

みどころ

ある日ママが、おばあちゃんがしんじゃったって教えてくれた。
ママは泣いている。悲しいから泣いているの?

「しんじゃったって どういうこと?」

ある日突然、やってくる身近な人との「死」を経験しなければならない子どもたち。
そして否応なくその疑問に対して答えをもとめられる大人たち。
大人だって戸惑ってしまい整理がつかない大切な人の「死」。それを知った時、子どもはどうやって自分の気持ちを受け止められるんだろう。

この絵本は、「しかけ絵本」というスタイルをとりながら、
「死」について子どもからの純粋な質問に一つ一つ正面から真摯に向き合っています。

「どうして みんなしんじゃうの?」
「パパと ママも、しんじゃう?」
「しんじゃったら、どうなるの?」
「ぼく、おばあちゃんに さよならって いえなかった」
「ぼく、おばあちゃんに なにか してあげたい」
「だけど、やっぱりかなしい」

作者のメラニー・ウォルシュさんは、イギリスの絵本作家さん。
この暗く落ちこんでしまいそうな重いテーマを優しく明るくシンプルな絵とユニークな「しかけ」で表現しています。
大事な人のお別れ、ペットの死、いつか答えなくてはならないこのテーマについてこんな心強い絵本があること、みなさんに知ってもらいたいです。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

おさない子どもたちにとって、身近な人が突然いなくなる「死」は理解しづらいもの。大切な人の死と向き合う子どもの疑問に、やさしいことばと簡単なしかけでこたえてゆく絵本。

ベストレビュー

「死」について考える明るい仕掛け絵本

作者のメラニー・ウォルシュさんの絵はとっても可愛らしい感じでしたが、この作品では小さな子どもたちにも理解できるようにと書かれた「身近な人の死」について描かれた作品でした。
「死」について語っていますが、中身は子どもたちの好奇心を盛り立てようとしているためか、仕掛け絵本になっていますし、表紙絵は明るいブルーでピンクのお花まで散っていました。
なので、タイトルや内容のわりに全然重たい悲しいイメージは感じませんでした。

この作品に触れて、話して小さなお子さんたちが「死」について理解できるかどうかはわかりませんが、
身近な誰かが亡くなった時、その誰かがどこへ行ってしまったか考えるきっかけにはなりそうな気がしました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メラニー・ウォルシュさんのその他の作品

ぼくはスーパーヒーロー アスペルガー症候群の男の子のはなし / わたしのやさしいいちにちちきゅうのためにできること10のこと 2 / ちがうけどおんなじ / わたしがぼくがちきゅうのためにできる10のこと / ぴょんぴょんぴょん / もぐもぐもぐ

なかがわ ちひろさんのその他の作品

ペペットのえかきさん  / おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした / がっこうだって どきどきしてる / きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち



『ぺぱぷんたす』祖父江慎さんインタビュー

さようなら、おばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット