ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
かぜひいた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぜひいた

作: 本下 いづみ
絵: 中村 幸子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「かぜひいた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784032210606

3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「あーそぼ」ってサルくんがキツネさんのところにきたら、キツネさんはかぜひいていた。そのかぜはサルくんにうつり、ペンギンさんにうつり、ライオンくんにうつり??。

ベストレビュー

パパにも好評

サルくんとお友達の動物だちの中で、風邪がうつっていって、
うつらなかったクマくんは?・・という親しみ易い内容で、
表紙の絵のような面白みが感じられる絵本でした。

3歳前の娘に読んでみると、表紙のハナたれライオン君のハナを拭いてあげたり、
見返しの散らばったティッシュをゴミ箱に入れたり、
ハチミツを取りに行く場面では、蜂が怖くて自分の顔を覆ったり、
ハチミツを取ってぼこぼこになった顔を触ってみたり、
忙しく参加していました。

この絵本で仕入れた情報「ハチミツは甘い」「ハチミツを食べると風邪が治る」というのが気に入って、
おままごとではオレンジのおはじきをつかって「ハチミツ作ってあげる」「さあ飲んで」とやったり、
「氷で冷やす」「毛布をかける」「スープを作る」など介抱するネタも加わり、
楽しそうに遊んでいます。

幼稚園児くらいの子におすすめの絵本です。
(ぴょ〜んさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




葉祥明さんの描く不朽の名作

かぜひいた

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット