だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あかいきしゃ」 みんなの声

あかいきしゃ 作・絵:パク・ウニョン
訳:おおたけ きよみ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784901006835
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「あかいきしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハングル語に興味のある人も汽車好きも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    幼児向きの英語のに触れる絵本はよくありますが、「ハングル語」に触れる幼児の絵本というは、たぶん、初めて見たと思います。
    一番後ろにはハングル語の一覧表(日本語でいうところの五十音みたいなもの)が載っています。
    私は韓国の絵本はとても好きですが、ハングル語にはあまり興味がなかったので、この絵本でそれこそ初めてまともにハングル語に触れました。

    最後の表を見ると、日本語でいうところの『エ』の発音がなく、
    中国語と同じく、同じ音でも表記が違うものがいくつかあるのだと知りました。

    作者のパク=ウニョンさんはボローニャ国際図書のイラスト部門で選ばれたこともある方で、ふんわりとした優しくあたたかい絵を描かれています。
    “あかいきしゃ”が運んでいるものが、お星さまなところも素敵でした。個人的に一番素敵だな〜と、思ったのは
    「むらにたちより」
    のシーンで、青い屋根の家々とその間を行く赤い汽車のコントラストがよかったです。
    ハングル語に興味のある人も、汽車などの乗り物が好きなお子さんたちにもお薦めできます。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国語に触れられます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ハングル語をみると、なんだか記号のように見えて、どうなってるのかなと思っていました。
    この絵本で、仕組みがちょっと分かって嬉しかったです。

    絵がきれいな色合いで、それでいて素朴な力強いのです。
    子どもの時に、外国語に少しでも触れられるのはいいことだと思います。

    掲載日:2007/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット