しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

リリアン」 みんなの声

リリアン 作:山田 太一
絵:黒井 健
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784097274841
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,208
みんなの声 総数 3
「リリアン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 映画のような

    大人向けの作品なのかと思いました。
    お話の舞台は、ずいぶんと昔のような・・・今のパパ・ママ世代も知らない年代だと思います。
    なので、より映画のような雰囲気を感じたのかもしれません。
    ファンタジーっぽいけど、どこか暗さもあったと思います。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 60年前の原風景

    60年前の東京、主人公が6歳の時の原風景でしょうか。
    裏通りで一人遊びをしていた自分の前に現れた女の子。
    でもその女の子は腹話術師の操る人形だったのです。
    少年の頃の町の面影と、友だちを病気で失った心の痛みと、孤独な心象風景が広がっていきます。
    女の子は何を象徴しているのでしょう。
    少し怖そうな腹話術師の大男は、少年にとってなんだったのでしょう。
    意味深いイメージの世界。
    山田太一の世界は、大人の世界でした。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の為に描かれた世界なのかしら・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子14歳

    とても有名な脚本家・作家の山田さんの初絵本作品。黒井さんの絵が大好きなこともあり、興味津々でじっくり読ませていただきました。

    映画でもノスタルジックな昭和の世界が繰り広げられていますが、この絵本も60年以上前の東京の路地が舞台で、チョークで丸を描いている少年が主人公です。まるでぬりえから抜け出たような、外国のお人形さんのような女の子が声を掛けてきます。そのやりとりと、男の子の心理描写が魅力で、怖そうな大男の存在も謎。

    現実と想像の世界を行ったり来たり出来る、子どもの時代ならではの感覚なのかもしれません。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット