ばあ〜っ! ばあ〜っ! ばあ〜っ!の試し読みができます!
作: いしづ ちひろ 絵: くわざわ ゆうこ  出版社: くもん出版
おやこでいっしょに「ばあ〜っ!」 赤ちゃんとの毎日が楽しくなる絵本です!

もーっ、ローサったら!」 みんなの声

もーっ、ローサったら! 作:バルブロ・リンドグレン
絵:エヴァ・エリクソン
訳:オスターグレン 晴子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784579403899
評価スコア 4
評価ランキング 19,796
みんなの声 総数 3
「もーっ、ローサったら!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くいしんぼうなローサ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    なんでも口にしてしまって、あげくに手術をして取り出すはめになってしまうなんて、
    犬のローサに小さな子どもが重なります。
    手が人間ほど使えない犬にとって、口は大切な触角です。
    小さな子どもも、口に入れることで、いろいろな情報を得ています。
    息子も、まだ小さい頃、おもちゃを飲み込んでしまって、大騒ぎでした。。
    実際には飲み込んでいなかったので、全身の力が抜けるほどほっとしました。
    まだ言葉がしっかりしていないので、こちらが想像して対処するしかなかったのです。
    犬もそうです。しゃべってくれません。
    でも、かわいい存在だから、憎めませんね。
    あとがきの「スウェーデンの犬事情」が面白かったです。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おちゃめなメス犬ローサ

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    ミニチュア・ブルテリアのローサと散歩するときはもう大変。落ちているものをすぐ口にするわ、他の犬がいれば駆けていくわ、子供を見るとなめるわ・・・。そんなローサが・・・あら、大好きなぬいぐるみを飲み込んじゃった?!

    犬を飼ってらっしゃる方は「そうそう!」とうなずいてしまう作品です。とにかく思うがまま・好奇心のまま何でもやっちゃうローサ。振り回される飼い主のおばさん。でもこれって犬の本能ですよね。

    登場する他の犬種も暴れん坊だったり高貴だったりと個性があって面白いのですよ。何気ない日常の散歩シーン。E・エリクソンによる犬目線での描き方もまた素敵でした。

    掲載日:2007/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんぱく犬

    ブルドック、ミニチュアダックスにシェパード・・・たくさんの犬が登場するお話なので、動物好きのお子様におすすめしたいです。
    ブルテリア(おそらく)のローサはおばちゃまに連れられて町へ引っ越してきました。散歩中に道に落ちている食べ物のかけらを食べてしまったり、道路の上に寝ころんで動かなくなってしまったりと、おばちゃまは大変そう。犬を飼っている人なら「分かる分かる!」とうなずいてしまうかも。
    うちへ帰っておもちゃで遊んでいたローサは、おもちゃを飲み込んでしまいます!「もーっ、ローサったら!」と感情をこめて読んであげたい場面です。お腹の中にあるおもちゃの切れ端を取り出すため、病院で手術をうけて・・・犬を飼うって大変って思ってしまいます。
    それでも無邪気なローサはにくめないんですが。

    掲載日:2007/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どんどこ ももんちゃん / もこ もこもこ / さつまのおいも / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!
  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット