ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

みのむし」 みんなの声

みのむし 作・絵:甲斐 信枝
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1984年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「みのむし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みのむしの生態と一生がわかります。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    『かがくのとも』から出ている作品で、発行は1979年とあります。
    少々古めの本ですが、こういう生き物に密着して作られている科学絵本は、時代を超えて、たくさんの人に読まれ続けるタイプだと思いました。

    当たり前ですが、とにかく「みのむし」だらけでした。作者が甲斐さんなので、1つ1つの絵も解説もとても丁寧で、よくわかるものでした。
    私はあまり虫は苦手ではない方だと思っていましたが、たくさんのみのむしたちが大きな木の葉を食い散らしている様は、絵といえど、さすがに気持ち悪くなりました。
    全部を読み聞かせで読んでしまうよりも、ブックトークなどで紹介して、子どもたち自身に興味を持って読んでもらう方がよさそうな気がします。

    掲載日:2013/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読めば読むほど!

    どうやって木の枝に住み着いてるのか?
    みのの中ではどうなってるのか、小さい頃から
    とても不思議な存在のみのむし。
    子どもたちもみののなかが気になってたようで、図書館で
    この本をみつけてすぐに手に取りました。

    毎回、甲斐さんの描く絵本は、とても細かくて
    生き物の描写も虫たちのドキュメントを見てるようで
    とても絵本とは思えないほど詳しく、分かりやすく
    書かれているところに感心しますが、
    こちらの絵本も、みのむしの1年、一生を細かく説明してくれます。

    みのの中の様子、みのむしがみのを作るときの様子など、
    想像も付かないみのむしの世界がいっぱいで、
    初めて知るみのむしの世界に関心しまくり!
    普段、余り気にとめることのないみのむしですが
    この本を読むと、冬場にふと、木の枝にも目をとめて
    ジ〜と観察したくなっっちゃいますね!
    お子さんと、みのむし観察をするきっかけ作りにもいいかな?

    掲載日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット