もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もりのむしとのはらのむし」 みんなの声

もりのむしとのはらのむし 作・絵:みよし ていきち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\743+税
発行日:1967年07月
ISBN:9784834001051
評価スコア 4
評価ランキング 18,446
みんなの声 総数 7
「もりのむしとのはらのむし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫博士への第一歩

    今夏から毎日虫取り生活デビューの息子と。
    今はまだ穫るばっかりですが
    少しずつ実体験とリンクさせながら虫の
    生態にも詳しくなってゆけたらなと思い。
    この絵本はすごいですね。
    大人でも知らない事がいっぱい載っていました。
    息子はとくにかくれんぼのじょうずな虫の説明のページが
    気に入ったようで、左右のページを指さしなが
    これが、これでと一生懸命かくれている虫を探していました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなむし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    いろいろなむしが登場します。
    私はむしが苦手なのですが子供は興味あったようです。
    むしのことがよくわかりいい絵本だと思います。
    こんなむしいるんだーと大人の私も勉強になりました。先ほども言ったように私はむしが苦手なのでもともとの知識は無いに等しいレベルかもしれませんが。
    面白そうなむしもいるんだなーと思いました。

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫博士になれそうです

    表紙を見て、なにこれ〜〜〜虫の本?!と
    かなりくいついてきた息子。

    中を開くとたくさんの虫の絵と虫の名前。
    虫があまり得意ではない私には
    できればひとりで読んでもらいたいと
    思ってしまいました。

    でも読んでいくうちに卵とえさになる虫を
    一緒に埋めたり、入れたりする習慣を初めて知り
    へ〜〜〜っと関心していました。
    最初息子はなぜ卵と一緒に虫をいれるのかが
    分からなくて、餌になるんだよと解説しました。

    とにかくたくさんの虫が名前付きで描かれているので
    図鑑のようで面白い本です。
    息子はとても気に入って何回も繰り返し読んでと
    言われます。
    男の子にオススメですね。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏休みの自由研究?

     わ〜この絵本みたいに、夏休みの自由研究できたら?最優秀賞かな!そんなお手本ともいえる内容です。

     虫好きのおこさんが喜びそうな、おなじみの昆虫がずら〜りと出てきます。

     理科?の実験観察のようなシーンもあって、しぜんと科学のような要素を持っていますね。

     みのむしもしっかりと描かれていて、もうすぐ5歳になる娘も満足していました。

    掲載日:2008/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も勉強になった絵本でした

    いろんな知っている虫や大人の私も聞いたことのない虫達がたくさん出てきます。絵本の中に出てきた虫について説明とともに絵が描かれていて子どもは一つずつ丁寧に見ていました。長いお話ですが、この絵本を気に入ってみていました。親子共々勉強になる絵本でした。

    掲載日:2008/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄い絵本が存在していた・・・

    息子は、現在5才(年長組)。今年の夏も、昨年よりも増して、虫博士になっております。いつも図鑑を片手に、毎日が虫のことでいっぱい。たまたま、こちらの絵本は、図書館で見つけました。とっても、古くてびっくりしました。
    でも、もっとびっくりしたのは、「この本、めちゃめちゃ詳しく書いてあるよ」と息子が、驚いていました。
    私は、「やっぱり、絵本の福音館だな。こんな凄い絵本を出版していたなんて」と思いました。

    掲載日:2004/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫たちの習慣

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    いろいろな虫たちのことが書かれています。ハチのこと、蝶のこと、カブトムシやクワガタ、せみなどのことが書かれています。とくに【かりゅうどばち】のこと、たけつ筒の中に土で壁を作った小部屋につかまえたクモを一匹筒入れてクモの横腹にたまごを産み付ける。たまごから孵った子供のために餌を用意したんですよね。こうゆう日頃気付かないことを教えてくれる一冊です。

    掲載日:2002/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット