モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

もりのむこうになにがあるの?」 みんなの声

もりのむこうになにがあるの? 作:ムーア
絵:フィアメンギ
訳:神宮 輝夫
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1980年
ISBN:9784033132501
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「もりのむこうになにがあるの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リトルラクーンのシリーズ

    リトルラクーンのシリーズです。
    あらいぐまのリトルラクーンとスカンクぼうやたちが、森の外を探検します。
    好奇心旺盛で、あちこち探索する様子がとても可愛らしく、面白くもあります。
    そして、最後に「どうだった?」と聞かれたリトルラクーンの台詞もまた良いです。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにがあるのかなあ?

    この頃我が家の住んでいる地域では朝に「あらいぐまラスカル」がやっています。
    たまに見るのですが、じつはラスカルってすごいいたずらっ子なんですよね^^;
    そんなラスカルと同じあらいぐまが主人公のお話。
    このあらいぐまのリトルラクーンもラスカルと同じくらい好奇心旺盛です♪
    親からしてみると、ラスカルにしてもリトルラクーンにしても、いたずら&悪ふざけばっかしている息子そっくりなのですが(笑)
    この絵本では、リトルラクーンがまだ行ったことのない森の向こうに憧れを抱き、何があるのかと冒険へ!
    最初は寄り道をしたりとかしてなかなかつかないんですよね〜。
    そんな姿は本当子供そっくりです。
    さてさて、リトルラクーンは森のむこうに何をみつけたのでしょうか?
    初めてみるものってこんなふうに新鮮なんだろうね〜。
    と思いながらも、リトルラクーンの面白い行動に大笑いでした♪

    掲載日:2008/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット