だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ラプンツェル 絵本グリムの森(1)」 みんなの声

ラプンツェル 絵本グリムの森(1) 作:グリム兄弟
絵:伊藤 亘
訳:天沼 春樹
出版社:パロル舎
本体価格:\1,600+税
発行日:1996年
ISBN:9784894191488
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ラプンツェル 絵本グリムの森(1)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本人的なラプンツェルの世界

    『ラプンツェル』は、かわいそうなお話でありながら、愛情と、欲望と、女心と、様々な人間の感性を取り込んで、いろいろに色合いを変えるグリム童話です。
    ディズニーの世界でも取り扱われるようにロマンもあるのですが、一方で怖さと深みを感じる作品です。
    ラプンツェルをモチーフにした小説がいろいろと出されているのも、ラプンツェルへの様々な思いと解釈があるからでしょう。
    絵本での描かれ方も様々です。
    そんな中で、私の「ラプンツェル」体験5作目となりました。
    日本人の絵や再話と洋書の邦訳では大きな違いがあります。
    洋書ではフェリクス・ホフマンの絵と、バーナード・ワッツの絵の新旧2作品は3つのパターンで話の内容はそれぞれに味わいが違うのですが、西洋の物語として描かれていました。

    日本人の作品では内田也哉子文、水口理恵子絵の作品を読んでびっくりしたのですが、主人公ラプンツェルの心、感情にスポットを当ててとても大人なびた作品でした。
    ラプンツェルのもとに通い続けた王子との間にははきりと大人の恋愛がありました。

    そして、この天沼春樹訳、伊藤亘絵の作品です。
    この絵本は何より伊藤さんの表現が芸術的であること、情景としての描き方ではなく登場人物の心情や表情にスポットを当てて、水口さんとは正反対の表現方法であることに特徴があります。
    ペーパーレリーフという手法で描かれた絵は、立体感で登場人物をリアルに引き出しています。
    文章はその絵を表に出すかのようになめらかで、マイルドな感じがします。

    日本人が書いた絵は、グリム童話を日本人の感性に合うように、あるいは西洋的であることにこだわらない描き方できわめて日本人好みの表現になっているかのようです。

    「ラプンツェル」ファンには、話を知っているということではなく、様々な「ラプンツェル」体験をしてほしいと思います。
    テレビの映像でこの話を聞くとしたら、この伊藤亘版が一番かと思います。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌うように  しっかりした童話を読みたい

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    グリム童話・・と聞いた時、子供向けのかわいいお話かしら・・と思います。

    厳密にはもしかしたら 絵本グリムの森のシリーズは、子供向けの絵本なのではないのかもしれません。
    夢にあふれたかわいいばかりの、幸せばかりの絵本ではないのです。
    でも、文章自体がとってもしっかり書かれているのか4歳の娘も拒否反応は示しません。
    むしろぐいぐい引き込まれているように思います。

    正直最初は
     「絵がなんか変・・。」
    と言っていました。それでも1度読んだなら、やはり魅力があったのだと思います。お気に入りになっていて、しばしば自分で持ってきます。
    なぜかすぐに娘が文章を覚えてしまったのも、この絵本の文章力なのかな・・・
    なんて思うのです。
    今の娘のブームは ラプンツェルごっこ。
    ぬいぐるみたちを使って、なかなか上手にまとめまています(ちょっと親ばかですが・・)。

    お話には少し残酷なシーンもありますが、そこはあえてあっさりと読むように心がけている母です。

    掲載日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット