かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

ちかい」 みんなの声

ちかい 作・絵:ポール・ジェラティ
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784566003569
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,722
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひとりぼっちになった子象を助けたいと思う少女の優しさ。
    おじいちゃんの教えが迷子になった少女と子象を救います。
    子象と出会うことで少女は命について考え、あることを「ちかう」のです。
    特に私はこの本の絵に魅かれました。
    アフリカの自然や動物が実に鮮やかに描かれています。
    動物好きの子どもには、たくさんの動物を見るだけでも楽しいかもしれません。
    朝焼けそして夕焼けから夜に向かう空の色合いと木や人のシルエットが美しく、子どもたちに読むことにしました。
    行ったことのないアフリカの自然やそこの人たちの暮らしにおもいをはせてくれればと思います。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 象の神秘

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    『THE HUNTER』が せなあいこさんの訳で『ちかい』に。
    それは子象と一緒に一晩迷子になった少女の、
    決して狩人(密猟者)にはならないという「誓い」。
    絵がとても印象的。
    アフリカの暑さや夜の寒さ、自然の美しさが伝わってきます。
    象の登場する絵本って、その神秘的な生態が多く描かれますよね。
    本当に人や仲間の考えていることが伝わるのかな。
    きっとそんな出来事がたくさんあるからこうして語られるんだろうな・・・。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / ぐりとぐら / だるまさんが / ほんとのおおきさ動物園

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット