十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

狐とかわうその知恵くらべ」 みんなの声

狐とかわうその知恵くらべ 絵:太田 大八
語り:鈴木 サツ
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年5月25日
ISBN:9784916016034
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動きのあるシニカルな話の太田さんの絵が

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    遠野の昔話の語り手:鈴木サツさんの日本の昔話「読み聞かせ絵本シリーズ」Aです。
    今回の絵は太田大八さん!このシリーズ毎回すごい絵描きさんが担当しています。なので、遠野のおはなしも面白いですが、場面場面の見ごたえもあり、とても楽しいです。

    最近読んだ太田さんの絵本は結構重いものが多かったので、こういうシニカルな笑いがある作品だと、動きも大きく色も鮮やかで、こういう太田大八さんの絵もいいな〜。楽しいな〜と思いました。
    話自体はとても有名な日本のむかし話の一つで、これは遠野弁なだけで、ほかの地域のものととほとんど同じ内容でした。

    だからなのでしょうか?ほかのシリーズには巻末に監修の川崎ひろしさんの標準語訳があるのですが、この作品にはついていませんでした。
    小学校中学年くらいからおすすめします。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 方言って難しい

    ここまでの方言ではとても読み聞かせなんてできません。話を知っているので理解は出来ましたが、知らないと分かならいかも・・・想像力が必要です。
    鈴木サツさんに語ってもらいたいです。

    絵本のきつねって『ごんぎつね』や『てぶくろを買いに』や『きつねのおきゃくさま』のような印象が多いですが、このきつねはずるいですね。でも痛い目に会い、懲りたでしょうね。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット