しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

私の絵本ろん」 みんなの声

私の絵本ろん 作・絵:赤羽 末吉
出版社:平凡社
本体価格:\1,000+税
ISBN:9784582765366
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「私の絵本ろん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本作家のこだわり絵本論

    赤羽末吉さんの作品は、さまざまに変化工夫があり、こだわりを感じていたのですが、この本を読んで得心が行きました。
    自分の絵本作家としての姿勢、こだわり、そしてさまざまなチャレンジが分かりやすく書かれています。
    赤羽さんの作品を見るうえで、味わいを何倍にも高めてくれる本です。
    また、赤羽さんと親交のある他の作家を含め、日本の絵本界のことのついて知るうえでとても参考になる本だと思いました。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 果敢なる挑戦者

    毎日赤羽さんの絵本を読み、作品を読む前読んだ後にこの本を読み返しています。

    わかったことは、赤羽さんが『つるにょうぼう』では二種類の和紙を使い、『そばがらじさまとまめじさま』では八種類の和紙を使っていたことでした。

    赤羽さんの絵本を初期から見直してみると、初期の頃は色をたくさん使った絵が多く、

    源平絵巻物語や『つるにょうぼう』を経たあたりから、茶色のペースの昔話絵本が多くなってきたことがわかりました。

    また、赤羽さん果敢なる挑戦者というのか、一作一作で、新しい紙や筆記用具などにもこだわり、独自の世界を追求していらしたんだなあと。

    そういう作品の背景を知れば知るほど、赤羽さんの作品を見る前がまた今まで以上に違ってくるのを感じました。

    赤羽さん古典や文学、お芝居にも造詣が深かったらしく、日本画の手法だけでなく、

    『そら、にげろ』ではアニメーションの手法も取り入れられていたということ、

    知れば知るほどすごい赤羽さんの世界を堪能するのに、必読な一冊ではないでしょうか。

    国際アンデルセン賞画家受賞四季挨拶では「私は子どもの絵本は量産される、きわめて大衆的なものだと思います。

    しかし、大衆的だからといって卑俗なものにしてはならないと思います」

    とご自身の絵本観を語っておられます。

    赤羽さんの作品は、優れた文化遺産のようなものだと思います。

    大切に子どもたちに伝えていきたいと思いました。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット