あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

Who Could It Be? だれかなぁ?」 みんなの声

Who Could It Be? だれかなぁ? 作・絵:みやにし たつや
訳:デレック・ウェスマン
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784790232087
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,449
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと見づらい

    木の後ろに隠れている動物が何か当てる遊びができる絵本です。
    他の絵さがしの本に比べると、色あいが地味で、ちょっと見にくい印象です。
    バックの色と動物の色がかぶっていることもあって、娘はなかなか当てることができませんでした。
    その点がちょっと残念です。
    子どもにはもう少しはっきりとした色でコントラストがある方が見やすいと思います。
    英語も載っているのはいいと思いました。

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が好きなので

    宮西達也さんの絵本が子供は大好きなので!!しかもこの絵本は英語でも日本語でも読んだりできるので良かったです。英語の動物の鳴き声とか動きの音とかの英語版を知らなかったので、とっても勉強にもなりました。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しが楽しい

    英語に興味がある娘がこの【えいごのじかん】シリーズにハマっています。
    中でもこのお話は割合簡単で繰り返しの言葉が多いのがリズミカルでよかったようでほぼ毎晩読んでいます。
    自宅にはないので ヘビーなリピ借りをしていますが
    自宅用に買ったほうがいいのかなあと思ってみたり。
    様々な動物のかわいい絵がシルエットになってクイズのように進む内容も面白いですね。3歳くらいからでも全然大丈夫だと思います。
    絵はみやにしさんなんですね。
    線が細い絵だったので一瞬ワカリマセンでしたが
    とてもかわいいので娘のお気に入りです

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすくて、お気に入り

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    あれえ だれかなぁ? と、木の陰に隠れている動物当てっこ絵本ですが、そこに英語が入って更に楽しくなっています。

    字幕映画をみながら「あたしも、あんなふうに英語でしゃべりたいなぁ。」と言う娘のお気に入りです。
    動物達の鳴き声も英語で書かれているので、それも楽しみの1つのようです。

    カタカナで英語の読みが書かれているので、読み手が英語を読めなくても安心です。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット