だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

イーハトーブふしぎなことば」 みんなの声

イーハトーブふしぎなことば 作:宮沢 賢治
写真・解説:松田 司郎
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784580820388
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宮沢賢治作品への愛を感じました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    図書館で見つけて、なんだろうと思って、借りてきました。
    しいていうなら、宮沢賢治の解説書?
    ただ、堅苦しいものではなくて、
    それぞれ製作者の好みの作品の一部と取りあげて、
    とても素敵な写真絵本という形態をとっています。

    これは絶対、宮沢賢治作品への「愛」がなくてはできない本だと思います。
    抜き出された言葉(文章も)、各ページに写されている写真を見ても、愛を感じました。

    宮沢賢治を知っている人も、知らない人も、ぜひ、この本を手にしてみてほしいです。
    宮沢賢治が伝えたかった「景色」みたいなものは「これ?」と、思うほど、素敵でした。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢治の愛にあふれています

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    賢治ファンには嬉しい絵本です。
    童話の舞台になった風景の写真と、童話の原文(一部)が書かれています。
    賢治が見た風景をいっしょに見ているようで感動します。

    賢治が作ったことばは、子どもの頃はとてもふしぎで、どういう意味なのか
    どうしても知りたいと思って、分からないことがもどかしかったです。

    だんだんと「賢治のことば」として受け入れられるようになって、
    自分なりの解釈ができるようになりました。


    ただ、賢治独特のことばを色々な字体で大きく書いてあるのは、折角の雰囲気をこわしているように思えました。
    手書きだったらよかったかも。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット