うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

はとのクルックのとけいえほん」 みんなの声

はとのクルックのとけいえほん 作・絵:立野 恵子
出版社:くもん出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784774304755
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時計本選びの参考にしてください

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳0ヶ月の息子が時間に興味を持ったので子供用の時計を買いましたが、それだけでは難しい様だったので本を探していました。
    何冊も比べて結局こちらを購入しました。
    3ヶ月程経っての反応と感想です。
    ・時計は右回りであることをすぐに理解しました。これは実践あるのみです。
    ・長い針が一周すると短い針が少し動くこと、スピードの違いを理解しました。
    ・○時ちょうどはすぐに理解し、絵本の内容に合わせて自分で合わせられるようになりました。
    ・絵本の内容が長く、毎回最後まで読み切れずに飽きて終了。実践しながらだと時間がかかるし難易度が上がるので。でも最初の方は何度も一緒に読んでできると嬉しそうです。自信もついてくる様です。
    ・時計の針が少しずれており、分をぴったり合わせられないのが気になります。この本だけかもしれませんが・・・。
    ・丈夫そうなので下の子にも使えそうです。
    ・馴染みのあるキャラクター本と迷いましたが、これはこれで問題ないです。
    ・内容で少し分かりずらい部分があるのでそこは読まなかったり調整しています。

    総合的には買ってよかったと思います。
    子供用時計とこの本の針の色が同じだったのでより理解しやすかったと思います。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1分刻みが他にないです。

    ミキハウスのおしゃべりする時計絵本とすごく迷った挙句こちらを買いました。
    以前図書館で借りた時は、まったく興味示さず(3歳ちょうどくらいだったと思います)。
    そろそろ幼稚園でも「この針が3のところに来たら帰ろうね」などとママに言われているお友達も出始めたので、わが家も時計を意識してもらえたらと思い今回購入しました。

    導入という意味でミキハウスのゲーム形式で楽しめる絵本と本当に迷ったのですが、こちらは短針も丁寧に1分ずつ示してくれていて長く使えるかなと思い選びました。

    今は繰り返し何度も読んでいます。妹に読み聞かせようとしたりお気に入りの1冊になったようです。

    始めの2,3ページは文章も暗記して6時7時8時といった時間も簡単なので合わせられるようになりました。
    それ以降もどんどん暗記となっても覚えて時間を合わせられるようになればいいなと思っています。

    買って2週間ほどですが、わが家ではとても意味のある、価値のある絵本になりそうです。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1年生の読み聞かせをしました

    • あつこ51さん
    • 40代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    3学期、ちょうど時計の学習をしているときによみました。
    カッコウの声やはとの声、時計もついているので、いつもと違った読み聞かせの雰囲気になり、よく聞いてくれました。
    最後のページの時間を一人一人に 時計を合わせてもらい、喜んでいました。

    また、一年の息子はこの絵本のおかげで、算数が100点だ と言ってました

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 興味を持った時に・・・

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    上の子は、数字が好きで、早くから時計にも興味深々な子だったので、3歳前には○時丁度と○時半はわかるようになっていました。
    でも、それ以外の時間だと、まだ「何時?」の質問攻め。
    文字盤に分の数字まで書いていない普通の時計では、分単位まで教えることは難しく、こちらを購入しました。
    しばらくはこの絵本の時計を実際の時計と同じ形に合わせることで何時何分か読み取っていましたが、いつの間にか普通の時計だけでも読めるようになっていました。

    お話に添って時計を合わせながら読み進めるのですが、時計が本当によくできていると思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1分ごとに描かれています

    • ハミルトンさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    小学校に上がる子どものために友人がクリスマスにプレゼントしてくれました。

    子どもって短針はすんなり覚えても長針の読み方をなかなか理解してくれないんですよね。

    「なんで1のところに針があるのに、5分なの???」

    「2だから10分ってどうして????」

    って感じで、家にある時計もすべての分に数字が書いてある訳ではないのでどう説明したらいいのか困っていました。

    この本の時計は短針は1〜12時まで、長針は1分から59分までふってあり、「時」は赤い短針がさしている赤い数字を、「分」は青い長針がさしている青い数字を読むだけで時間がわかるようになっているので子どももすぐに時計の読み方を覚えました。

    一緒にもらった他の子どもたちもすんなり時計の読み方を覚えたということです。

    贅沢を言うなら、本が大きくてちょっと重たいので、お出かけ先でも時計の勉強ができるように、時計の部分が取り外しできたらさらに良かったな〜と思います。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • クルック!

    • ごらむさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    息子が3歳になった頃から、今、何時?今、何時?と時計に興味を持ち始めたので、祖父母がこの絵本を買ってくれました。

    これは、森の時計番のカッコウさんが風邪をひいてしまい、はとのクルックが代わりをすることになったのですが、時間のおしらせをしたいクルックが時計の針を回し始め、ハプニングが起きるというお話です。
    絵本に手で動かせる時計がついているのですが、ちゃんと長針が一回りしたら短針が動くようになっていて、本物の時計と同じ動きをします。
    それに、長針を1つうごかすたびにカチカチと音がなって、針がいくつ動いたのかがわかりやすく、長針と短針がさすところにそれぞれ細かく数字がかかれているので、その数字を読むだけで時間がわかるようになっています。

    最初、息子は文字盤の数字の見方がよくわからなかったようですが、慣れてきたら自分で読めるようになり、今ではお話の中にでてくる時間にあわせて次から次へと時計をあわせています。
    クルック○時、クルック○時という繰り返しも楽しく、家の時計を見ながら、クルック3時、おやつの時間ですよ〜と言ったりして楽しんでいます。
    絵本の中では、トラが散歩してきてクルックが捕まえられそうになる場面がお気に入りで、トラが崖から落ちるところで、いつもトラと一緒に「がけだ!わぁ〜!」と叫んでいます。

    クリスマスに祖父母から壁掛け時計をプレゼントしてもらい、絵本と時間をあわせながら楽しんでいます。
    絵本と同じデザインの時計が揃えられるので、本物の時計にも馴染みやすく、またプレゼントにもいいと思います。

    掲載日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • とけいに興味を持たせる導入におすすめ

    • うつぼっちさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    娘が5歳頃、時計に興味を持たせたいと思って購入しました。

    時計の針を自分でぐるっとまわして進めていける絵本で、
    一周すると一時間進むことなど、疑似体験できます。

    お話自体はシンプルですが、時計の仕組みを
    理解してもらう導入の絵本としては良いと思います。

    これから「時計」の学習が1年生で始まるので
    勉強っぽくなく、この絵本で教えていこうかな。

    時計の針が「ぐりぐりぐり」と音をたてて回るので
    3歳の息子も回すのは楽しいみたい。

    時計を意識させたいときに、おすすめします。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 付属の時計盤がとてもいいです

    幼稚園の年少に入園し、規則正しい生活をするようになった息子。
    朝、テレビのすみのデジタル時計表示を見ながら「○時○分になったら家を出よう」といったように時間を気にするようになったので、時計を覚えるのにちょうどいいかなと思い、このしかけ絵本を買いました。

    はとのクルックが主人公。みんなに時刻をお知らせすることになったんだけど、いたずら好きでおっちょこちょいなクルックは、みんなをちょっとした騒動に巻き込んでしまいます・・・。

    お話を読みながら、付属の時計盤の針を動かして実際に時刻を合わせることができるんです。
    この時計盤が良くできていて、ちゃんと長針と短針が連動します。
    逆に言うと、短針だけでは動かないんです。
    なので、「長針が一回りしたら短針が1/12だけ動く」という時計の仕組みが説明しやすいです。
    長針も1分刻みでカチカチっと動くのがいいですね。

    時計絵本はいろいろありますが、キャラクターがついてなくても大丈夫だったら、こちらはとてもお勧めです!

    掲載日:2008/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時計に興味津々。

    5歳のお誕生日に買いました。

    時計に興味を持ってくれたらいいなぁっと思い絵本を読んでいると、1日の時間を気にするようになりました。
    何度も何度も絵本を読みながら時計を合わせママは大変ですが、娘は楽しんでいます。

    朝の支度に時間のかかる娘。
    毎朝イライラする私・・・。
    そこでこの時計の絵本を使います。

    「絵本の時計と同じ時間までにお洋服着ま〜す。」

    娘は時間までに頑張ってお着替えをするようになりました。
    生活の中で自分からお風呂の時間や寝る時間など忘れる事もしばしばですが、時計を気にするようになってきました。

    5歳ぐらいなら興味を示してくれそうですね。

    掲載日:2008/06/26

    参考になりました
    感謝
    1

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / このよで いちばん はやいのは / 紙芝居 たけのこほりほり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット