むれ むれ むれの試し読みができます!
作: ひろた あきら  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
【ピース又吉直樹 推薦!】読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本
李子(ももこ)さん 30代・その他の方

ちがっててもいいよ
最初のうちは群れの中にいるたった一つの…

うつぼっちさんの公開ページ

うつぼっちさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 男の子12歳 男の子9歳

自己紹介
自分が絵本が好きで、図書館に最低2週に1回行って娘(2003年1月生)と息子(2006年3月生)の絵本を選ぶのが楽しみ。反応が良くて何度も借りたがる本であれば購入しています。

バリバリ会社員→出産後退職→バイト開始→フリーで仕事開始と、子育て優先にしながらも、やりたいことをやって楽しんでいます(家事は得意とはいえないもので)。
好きなもの
いろいろな人と話すこと 
読書 絵本 
英語 
教育(わたしのライフワーク) 
甘いもの(別腹よ!) 
ひとこと
子育てはやってみないとわからないことばかり!日々学習します、こちらのほうが。
ブログ/HP
読書日記書いてます。絵本に限らずノージャンル。良かったらご覧くださいね。

うつぼっちさんの声

142件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい なりたいあなたになる にジーン  投稿日:2019/01/08
いつか あなたが おおきくなったら
いつか あなたが おおきくなったら 著者: エミリー・ウィンフィールド・マーティン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: サンマーク出版
小中高生になった3人の子どもたちが赤ちゃんのころを思い出しながら読み進めました。

いまは
「宿題をやりなさい」
「ご飯をだらだら食べない」
「次成績悪かったら部活やめなさい」

ガミガミ言ってしまいますが

子どもたちが大きくなったときに
なにになるのか、本と同じように
楽しみにしています。

「なりたいあなたになる」

本のラストに出てくるこの言葉。

そう、目の前の小さなことばかりにとらわれず
親として「なりたいあなたになる」応援を
これからもしていこう。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 「ともだち」のこと、子どももおとなも思い返せる本  投稿日:2018/11/25
ともだち
ともだち 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 玉川大学出版部
『ともだちってかぜがうつっても
へいきだっていってくれるひと。』

「ええ?(かぜひきたくない)」
という表情を最初に見せる
子どもたち。

『ともだちってみんながいっちゃった
あとでもまっててくれるひと。』

ここで女子数名がだまって
うなずいていました。

『ともだちってそばにいないときにも
いまどうしてるかなって
おもいだすひと。』

これもけっこううなずく人多し。

ふだんちょろちょろしている
男子が注目したのはここ。

『わるくちはいったっていい、でも
かげぐちをいうのはよくないな』

かげぐちってなに?と聞かれます。

『けんかはしたっていい、でも
ひとりをたくさんでいじめるのは
ひきょうだ』

ここはしんみり聞いていました。

おとなはとかく
「○〇をやっちゃだめ」と
禁止しがちですが

「○○することはひきょうだ」
ということをわからせさえすれば
あとはある程度子どもたちに
まかせる度量が必要なんだな。

親にとっても
考えさせられる
絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ともだちとぎくしゃくしはじめる年ごろに  投稿日:2018/11/25
やもじろうとはりきち
やもじろうとはりきち 作: 降矢 なな
出版社: 佼成出版社
友だちとのトラブルが多くなった
ギャングエイジといわれる小3の
読み聞かせで使いました。

読み終えた裏表紙には、サッカーをする
やもじろうとはりきちの絵。
「また一緒にサッカーしてるね」と
子どもたちもほっとしたようでした。

けんかして仲直りして
人はそうやって仲間を
つくっていくんだよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもは大きければいいと思わないみたい  投稿日:2013/06/20
せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし
せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
大きい殻がいいというちびかたつむりにお父さんが語ってあげるお話。

殻をどんどん大きくして満足していくちびかたつむりに、「なんで(うれしいの)?」と問いかける3歳の息子。大人は「大きい家がいい」という気持ちが当たり前のようにあるけど、子どもはそうじゃないのですね。

大きくなってカラフルになって。
挙句、動けなくなって消えてしまう・・・。
ここで子どもたちはびっくりしていました。

なんだお父さんかたつむりのお話しだったんだと
ほっとしたようすでしたが、何よりもほっとしたのは
大人の私かもしれません。

大人と子どもが一緒に読むと反応の違いが面白い絵本です。
梅雨時、かたつむりを見かける時期が特におすすめです。
ストーリーものより、図鑑好きな子どもも、表紙のかたつむりに
魅かれて見入っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美術館に行くのが楽しみになります  投稿日:2013/06/20
マシューのゆめ
マシューのゆめ 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
まずしいねずみ一家で、大きな期待をかけられているマシュー。
美術館に行って絵からインスピレーションを受け
心惹かれる女の子のねずみと会って・・・
ついに絵描きになる夢を!

美術館に小さいころから出入りできる海外ならではの設定ですね。
日本では小さい子どもは美術館に入りにくい、行きにくいところも
あります。美術館に行ったことがあるほうが、話をリアルに感じることができるでしょう。7歳の息子は「美術館、行ったことあるね!」と話がふくらんでいました。

いろいろな体験を通して、自分がやりたいことをみつけて、夢をかなえていく。親として温かい気持ちで読み終えました。レオニさんの絵本は大人にぐっときますね、ストーリーも絵も。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スターウォーズを知っている人におすすめ  投稿日:2013/05/23
ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 作: ジェフリー・ブラウン
訳: とみなが あきこ

出版社: 辰巳出版
スターウォーズファンの夫の希望で買いました。

映画に出てくるシーンやセリフが
ダースベイダーがもし子育てしていたらという
リアル子育てシーンに置き換えられていて
笑えます。「あるあるこんなこと」と
子育て中の人なら思い当たることばかり。

映画ファンのほうが何倍も楽しめます。
絵本を読まない夫がかなり面白がっていました。

うちの子どもたちはまだスターウォーズを
部分部分しか見ていないので、よくわからないようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ボルネオの森を身近に感じる不思議な旅をしたみたい  投稿日:2013/04/02
ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん
ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん 作: 池田 あきこ
出版社: 白泉社
ダヤンファンの母親の私が真っ先に読みました。

ボルネオには熱帯雨林がある。希少生物がいる。
それぐらいしか知識がありませんでしたが
ダヤンと一緒に本当にボルネオの森に
旅をしてきたみたいな気持ちになりました。

木が生えていればいいというものではなく
その多様性もまた重要なんですね。
ファンタジーだけど、とても大切なことも
心に残る本でした。

こうやって世界を身近に感じるファンタジーの絵本も
あらためていいと思いました。

子どもが読むには漢字にかながふっていないので
親が読んでやる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダヤンと森の実際の入口に入っていくみたい  投稿日:2013/04/02
ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ?
ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ? 作・絵: 池田 あきこ
写真: 横塚 眞己人

出版社: 長崎出版
図鑑や写真がある絵本が好きな小1の息子に読みました。

ダヤンが寝るところを探して、動物たちにたずねていくところ
写真とイラストが違和感なくマッチしていて
そこが本の世界への入口になっているみたいです。

動物たちがどんなところでどうやって寝るのか
「へぇ〜」と探究心を満たしながら
読み進んでいけました。

ストーリー絵本と
写実絵本の融合したものもいいですね!
完成度が高くて大人の私も勉強になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことばも絵もテンポよくきれい  投稿日:2012/09/24
密林一きれいなひょうの話
密林一きれいなひょうの話 おはなし: 工藤 直子
え: 和田 誠

出版社: 瑞雲舎
はっくしょんとくしゃみをしたら
はんてんがどこかへ行ってしまったひょう。
はんてんを探して歩きます。

森の動物たち。景色。はんてん。もよう。
色がとってもきれいな絵で見入ってしまいます。
お話しも、工藤直子さんならではの日本語のリズムで
テンポよく進みます。

読んでいて、子どもも面白いと思いますが
親も面白かったです。
アートな感じがしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファンタジーの入口にぴったり  投稿日:2012/09/24
ふしぎなふしぎなながぐつ
ふしぎなふしぎなながぐつ 作: さとう さとる
絵: むらかみ つとむ

出版社: 偕成社
本を読むのがあまり好きではない娘に読んでやりました。
自分でだと長いお話は避けるのですが、この話は長くても
話が面白くてずっと集中して見ていました。

ながぐつがどんどんどんどん大きくなって…
今度はどんどん小さくなって…。
不思議な世界に自分も一緒にいる感覚。

ファンタジーの面白さを味わってもらえたのかなと
ちょっと嬉しくなりました。

願わくば自分でも読むようになってほしいです。
参考になりました。 0人

142件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット