ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
(予告)ばけたくんの限定スタンプ、プレゼントやります!

ずんたたくん」 みんなの声

ずんたたくん 作:戸田 和代
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784333021567
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,430
みんなの声 総数 4
「ずんたたくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつの間にか異空間へ

    【あらすじ】
     雪の夜、眠れない熊のこどもは、そっと家を抜け出して外に遊びに行きます。そこで山の子どもに出会い、二人はいろいろなおしゃべりをします。そのうち山の子どもが秘密の場所に行くというので、熊の子どもは無理に頼んで一緒に連れて行ってもらいます。二人が空飛ぶ汽車に乗って、行った先にはお月様がいて…

    退屈な眠れない時間が、いつの間にかファンタジーの世界になってしまう物語。

    【感想】
    眠れない子どもの描写がリアルで、自分の子ども時代を思い出しました。
    夜中に急に目が覚めて、誰も起きていない時間は、不思議な雰囲気がして、この話のように、不思議な人が現れて、何かが起きそうな気がしたものです。

    童話の世界にはいろいろな人が現れますが、「山の子ども」というのは初めて。大きな山になるまでは、あちこちに歩いていけるとか、お月様が友達とか、壮大な話。
    現実世界と異空間の境界線があいまいになってしまうのが不思議。
    お母さんの山とお父さんの山があって、子どもの山があるというところは、神話の世界のよう。山の話をもっと聞きたいと思いました。山が生まれるなら、死んだりもするのかな?

    絵が全体的においしそうで、ちょっとレトロな雰囲気がステキでした。
    何度か読み返すと、ますます不思議な感じがして、いろんな空想ができるのも魅力。
    全体的にひっそりとした静かな感じで、秘密の話を、読者も聞かせてもらっているような体験ができて面白かったです。
    心が秘密のマッサージを受けたような、ほっこり感のある一冊。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙を見て
    「ずんたた」って何でしょ?
    この、切り株のような汽車のことかな?

    と、冬眠なのに
    眠れない、くまのこどものおはなしのようで
    眠いおとうさん、おかあさんとの
    会話も、なんか楽しい

    戸田さんのおはなしは
    心地よいかかわりが見えて
    とても ほっこりします

    そして、展開も!!

    「ずんたた」くんの正体にびっくりしますよ
    絶対、予想出来ないと思うなぁ〜(笑

    ずんたたくんと出かけるところも
    また、素敵
    その後の展開も素敵なんです〜♪

    くまのこどもの名前も素敵です

    幼年童話ー絵本から、児童書への移行期に
    ぴったりかと思います

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずんたたくんとは・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    冬の夜、眠れないくまくまが出会ったずんたたくんとは・・・
    山の子なんですね!
    とっても不思議なお友達。
    一体何を話すのか、何をするのか、どこへ行くのか・・・
    どこか静かなお話にワクワクを抑えながら読み進めました。
    不思議なお友達なだけあり、行き先もとっても不思議。
    表紙の電車が何か意味するんだろうなとは思いましたが、こんなに素敵な所へ行くなんて!
    夢のような出来事。そして、いつしか夢の中へ・・・。
    夜の静けさが常に感じられ、寝る前の一冊に向いています☆

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいがいっぱい!

    表紙の木でできた汽車が気になって、
    息子が図書館から借りてきたようです。
    くまくんが森で出会ったずんたたくんと一緒に居ると
    とてもふしぎな経験ができるのです。

    山の子ってどんな感じ?ってところから
    とてもワクワクしてくるのですが、
    子の本の中にはも〜っとワクワクしてくるような設定がいっぱいで
    息子も一気に読み終えていました。
    そして、おいしそうなホットケーキもでてきておいしそう!
    それからやはり、一番の魅力は、表紙の木の電車です。
    さあ、その電車、どんな風にこのお話しの
    スパイスになるのでしょうね?そこは読んでからのお楽しみ♪

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット