ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ずんたたくん」 みんなの声

ずんたたくん 作:戸田 和代
絵:石倉 ヒロユキ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784333021567
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ずんたたくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ずんたたくんとは・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    冬の夜、眠れないくまくまが出会ったずんたたくんとは・・・
    山の子なんですね!
    とっても不思議なお友達。
    一体何を話すのか、何をするのか、どこへ行くのか・・・
    どこか静かなお話にワクワクを抑えながら読み進めました。
    不思議なお友達なだけあり、行き先もとっても不思議。
    表紙の電車が何か意味するんだろうなとは思いましたが、こんなに素敵な所へ行くなんて!
    夢のような出来事。そして、いつしか夢の中へ・・・。
    夜の静けさが常に感じられ、寝る前の一冊に向いています☆

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいがいっぱい!

    表紙の木でできた汽車が気になって、
    息子が図書館から借りてきたようです。
    くまくんが森で出会ったずんたたくんと一緒に居ると
    とてもふしぎな経験ができるのです。

    山の子ってどんな感じ?ってところから
    とてもワクワクしてくるのですが、
    子の本の中にはも〜っとワクワクしてくるような設定がいっぱいで
    息子も一気に読み終えていました。
    そして、おいしそうなホットケーキもでてきておいしそう!
    それからやはり、一番の魅力は、表紙の木の電車です。
    さあ、その電車、どんな風にこのお話しの
    スパイスになるのでしょうね?そこは読んでからのお楽しみ♪

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット