大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おへんろさん」 みんなの声

おへんろさん 作:宮脇紀雄
絵:井口文秀
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年08月22日
ISBN:9784338261197
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本人の心

    息子が図書館で見つけた絵本です。
    少し古風な感じもしましたが、今は失われてしまった日本人の心といったものを感じ、自分ではとても良い本だと思っています。
    母親を亡くした幼子の家に、若い女のおへんろさんが宿を借ります。女の人は、家族を土砂崩れで喪いそのために巡礼して回っているのでした。
    子どもがおへんろさんに感じた母親。旅人に宿を貸す家族の素朴なやさしさ。
    ストーリの素朴さに、いつの間にか日本人が失ってしまった「心」を感じました。
    「旅」、「旅立ち」は「旅行」と違い、自己発見の行動です。
    自分が少し古いのかも知れませんが、自分の少年時代、青年時代を思い出しました。
    この本、入手は難しいようです。このような絵本は古いと言われるのでしょうか。
    昭和の時代。まだ、日本が牧歌的であった時代を残すような絵本は貴重だと思います。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「おへんろさん」って、何?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    何となくネットで本の検索をしていて「おへんろさん」というタイトルに惹かれ、図書館で探してきました。
    今どき、「おへんろさん」なんて言葉自体死語になってしまったような気がします。

    この作品は、井口文秀さんという方が絵を描かれています。
    表紙には『第26回青少年読書感想文全国コンクール☆課題図書』というシールが貼ってありました。
    初版は1979年10月です。そして、1980年5月の段階で第4刷発行と書いてあるので、かなり売れていた絵本だと推測されます。

    なんとなく知っているつもりでしたが、「おへんろさん」ってなんだろうと、この本を読んだことで改めて調べてみました。
    元々の意味は海沿いの道や土地での修業を意味したらしいのですが、今は「四国の八十八の寺をめぐる遍路(巡礼?)」の意味を持っているようです。

    この作品では家族を失った女の人が、「家族の想いお弔いをしている旅」として捉えていました。

    こういうことが自然に行われていた時期が、日本にもあったのだということを、今の子どもたちにこの絵本で紹介してみたいなぁと、思いました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット