くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

黒うしのはなし」 みんなの声

黒うしのはなし 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年05月
ISBN:9784337066038
評価スコア 4
評価ランキング 22,798
みんなの声 総数 1
「黒うしのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話です、 東の村の吾作じいさんの雌牛は黒くて 力持ちで働き者
    西の村で山崩れがおこり 大きな岩が動かない
    黒牛を借りて 岩を、動かしてもらった。

    えっ! すごく力持ちのうしなんですね!
    こんなに力持ちの牛に赤ちゃんができて 大喜び  牛ってすごいなと感心しました。

    ここまでは 良いのですが 子うしを 欲しい人がいて それはそうでしょう 力持ちのうしの子供ですものね・・・・・

    でも 母牛と 子うしが 離ればなれにされて・・・大丈夫かなと心配になりました。

    やはり 母牛と 子うしと引き離すには無理があったのでしょう!

    分かります。
    泣き叫んで かわいそうです。人間はうしの気持ちを分かってあげられなかったのでしょうね、 母牛が 雪のふる寒い川を泳いでいく この母牛の愛の深さ!  かわいそうで涙が出ますね!

    村人たちは 母牛が死んで 山に うしの 雪がたをみて 奉納しているのですが 

    もっと この親子牛を 大事にしてあげて欲しかったな〜

    そういう思いがしてなりません。
    絵が よくて 牛の力強さや、悲しさが伝わり お話も絵も感動しました。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット