もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

まっかっか まっくろけ」 みんなの声

まっかっか まっくろけ 作・絵:とよた かずひこ
出版社:リブロポート
本体価格:\900+税
発行日:1994年3月
ISBN:9784845708994
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,177
みんなの声 総数 6
「まっかっか まっくろけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤と黒

    「まっかっか」と「まっくろけ」の2部作になっています。{赤}は、えみちゃんのまっかなバック、まっかなかさ、まっかなレインコート、まっかな長靴、上から下までまっかっか。そして、まっかなポストへ、まっかな郵便やさんの車でした。繰り返しによって興味を持ちまっかな{あか}色を覚えれると思います。{黒}も同じ理屈です。孫はなぜだか、{まっくろけ}に興味を示します。どうして{黒}なんだかわかりませんが、暗いところにもやけに興奮します。女の子だから、{赤}では、ないのですね?赤では蛙さんの活躍と黒ではちょうちょさんの活躍も微笑ましかったです。最後の場面にちょうちょうさんの1匹が、{まっくろけ}になったのにはとても驚きました。絵も可愛かったです。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤色と黒色について詳しくなれる絵本でした。娘は特に黒色に興味が湧いたようでした。カラスの場面では鳴き声も気に入ったらしく笑顔も飛び出しました。主人公や主人公の友達と共に楽しく色を覚えられるのが良いと思いました。主人公の性格が明るくてポジティブなので読者の私たちまで主人公の素敵な性格が乗り移ってしまうほどでした。他のシリーズも読んでみたくなる絵本です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜ〜んぶ覚えてます!

    1冊に「まっかっか」と「まっくろけ」の2話が収録されています。

    「まっかっか」は、雨の中でえみちゃんがどんどんまっかっかになって行きます。
    これを読み始めた頃は丁度雨が続いていて、子供も全身「まっきっき」で出掛けていたので、とても嬉しそうでした。

    「まっくろけ」は、えみちゃんがお砂場でまっくろけになります。
    子供はこの「まっくろけ」の文章を全部覚えていて、
    ページをめくると私が読む前に飛び跳ねながら叫んでいます。

    文章も絵も単純なので、それがかえって子供を飽きさせないんでしょうね。

    掲載日:2006/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色いろ楽しい

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳8ヶ月

    2部構成になっているこの絵本は、
    前編では赤い傘やポスト等、「真っ赤っか」な物が沢山出てきて、後編ではカラスや泥団子などの「まっくろけ」なものが沢山出てきます。

    色に興味を持ち始めた息子のために、
    図書館から借りてきたのですが、
    色というよりは、
    最近あこがれ(笑)の傘や長靴のほうに興味を示していました。私は後編のまっくろけの方が元気な感じですきでしたが、
    息子は、まっかっかの方が好きみたい・・。

    とよたかずひこさんのイラストは、
    「ももんちゃん」や「いっぽくん」シリーズもそうですが、
    どれもホノボノしていて、
    大好きです。この絵本ももちろん、とってもホノボノした
    イラストで、可愛かったです。

    掲載日:2006/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんこ遊び楽しいね

    2話のお話が楽しめます。
    1話目は真っ赤な物ばかりが出てきます。
    えみちゃんは真っ赤なバッグを持ってお出かけ、そこへ雨が降ってきて・・・。
    2話目はネコ、犬、カラスなど真っ黒いものばかりが出てきます。
    えみちゃんがどろんこ遊びをして真っ黒になってしまいます。

    ストーリーというよりも絵で楽しめる本ではないかと思います。
    文章もリズムが良くて読みやすかったです。
    個人的に2話目のお話の方が読んでいて楽しかったです。
    ただ、1歳の娘はあまり好きではないようでした。

    掲載日:2003/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低年齢から、楽しめる絵本だと思います。「まっかっか」と「まっくろけ」の2遍で構成されています。
    「まっかっか」の方は、えみちゃんが真っ赤なバックを持って、外へお出かけ。すると雨が降ってきた。風も吹いてきた。
    そこでえみちゃんは、真っ赤な傘に、真っ赤なレインコート真っ赤な長靴をはいちゃう。
    それから、真っ赤なポストに手紙を出す。
    「まっくろけ」の方は、最初黒い犬とか、猫とか、黒い生き物が出てきて、えみちゃんの手や顔をまっくろけ。となります。お友だちのゆうちゃんとどろ遊びをしてたのね。
    最後は全身まっくろけ。とっても楽しい絵本でした。

    掲載日:2003/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット