アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

まこぷりんさんの公開ページ

まこぷりんさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女7歳

まこぷりんさんの声

333件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 動いているみたい!  掲載日:2009/4/30
あ 作・絵: 大槻あかね
出版社: 福音館書店
針金でできた人形が、家にある色々な物に出会いながら進んでいく写真絵本です。

日常、私たちが目にする物(マヨネーズとか蚊取り線香とか)に出会う人形がまねをしてみたり、それを使って遊んでみたりする様子が、写真で表現されているのですが、読み進めるうちに人形が本当に動いているような錯覚に陥ってしまうほど良くできている作品だと思います。
思わず笑ってしまうようなところもあり、大人から子どもまで楽しめる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おとぼけ顔の動物たち  掲載日:2009/4/30
フルーツちゃん!
フルーツちゃん! 作・絵: ハミード・トラーブリー
訳: 愛甲恵子

出版社: ブルース・インターアクションズ
小学生の娘が選んだ一冊。中を見てみると、果物や野菜でできた動物がたくさん載っている、写真絵本でした。

イランの絵本らしく、見慣れない野菜があったり、日本の物とは色や形が少し異なる果物たちでできた動物たちは、どれもとぼけた表情で大人が読んでもほのぼのとさせられます。
文章もしっかりしているので、小学生が読んでも楽しめるし、小さい子供が読んでも、もちろん楽しめるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぞくぞく村の日常  掲載日:2009/4/6
ぞくぞく村のミイラのラムさん
ぞくぞく村のミイラのラムさん 作: 末吉 暁子
絵: 垂石 眞子

出版社: あかね書房
娘が保育園に通っている時に、図書館で本を毎週借りてきていたのですが、「いつもほかの子に先にとられちゃって借りれないんだ」と言っていたので、本屋で立ち読みしてみたら私自身がはまってしまい購入。

ぞくぞく村という妖怪だらけの村のおはなしです。
シリーズで何冊も出ているのですが、これは第一弾で、骨董屋を営んでいるミイラのラムさんが主役になっています。
人間のようにミイラにも日常があるなんて考えてもみなかったので可笑しかったです。中でもお風呂に入っているシーンが笑えます。
ほかの村人(村妖怪?)も味があって良いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魔法の言葉  掲載日:2009/4/6
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
少し臆病なところのある娘のためにと思い購入したのですが、今では私の大事な一冊になっています。
男の子が大きくなるうちに出会ういろいろな出来事に、戸惑ったりするたびに、おじいさんの「だいじょうぶ だいじょうぶ」という言葉が優しく寄り添います。

私自身が落ち込んだりしてる時に読みたくなって、何度も読み返し涙がポロリと出てしまいます。
読み終わるとなぜかすっきり頑張ろうという気になるので、「だいじょうぶ だいじょうぶ」は勇気をくれる魔法の言葉だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なるほど!そうだったのか。  掲載日:2003/12/23
クリスマスおめでとう
クリスマスおめでとう 作: ひぐちみちこ
出版社: こぐま社
子供の頃から何のためらいもなくクリスマスにはツリーを飾り、ケーキを食べている私ですが、クリスマスがどういう日なのかという事は知りませんでした。
この本を読んで「そうだったんだ」とクリスマスをお祝いする意味がわかりました。

絵も可愛いし、内容も子供にわかりやすいのではないかと思います。
イエス様が出てきますが宗教色が強くない所もいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う マスクの下が気になります  掲載日:2003/12/19
こぶたはなこさんのかがみ
こぶたはなこさんのかがみ 作: くどう なおこ
絵: いけずみ ひろこ

出版社: 童話屋
「こぶたはなこさん」シリーズの中の一冊。
縦が20センチ弱の大きさなので持ちやすいのがいいのか、娘のお気に入りです。

こぶたはなこさんがおもちゃ箱の片付けをしていると手鏡が出てきます。
その鏡に自分の顔を映して色々な顔をして遊んでいると、鼻を蜂に刺されてしまいます。

はなこさんの百面相が楽しい本です。
蜂に刺された鼻にマスクをしてしまうので、どんな風になったのかがわからないのがちょっと残念かなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しさが伝わってきます  掲載日:2003/12/19
こぶたはなこさんのたんじょうび
こぶたはなこさんのたんじょうび 作: くどう なおこ
絵: いけずみ ひろこ

出版社: 童話屋
「こぶたはなこさん」シリーズの中の1冊です。
子豚のはなこさんは自分の誕生日にみんなを招待したパーティーを開く事にします。
招待状を配ってパーティーの準備をするはなこさんですが、ケーキ作りや飾り付けが上手くいきません。
そんなはなこさんの様子を見ていた仲間たちは・・・。

仲間達の優しさが伝わってきてとても素敵なお話だと思いました。
絵も可愛くておすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はなこさんが可愛い  掲載日:2003/12/18
こぶたはなこさんのクリスマス
こぶたはなこさんのクリスマス 作: くどう なおこ
絵: いけずみ ひろこ

出版社: 童話屋
子豚のはなこさんと仲間達のお話です。
クリスマスパーティーの準備をする様子が可愛い絵で描かれています。
動物たちのワクワクする気持ちが伝わってくるようです。

この「こぶたはなこさん」はシリーズで何冊か出ていて、どのお話もほのぼのしていて可愛らしいです。
特に女の子におすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人でも楽しめます  掲載日:2003/12/18
あかちゃんのそばで おまちしてます
あかちゃんのそばで おまちしてます 作・絵: 五味 太郎
出版社: 主婦の友社
五味太郎さんの赤ちゃんのための本です。
三輪車や雨傘など身近な物が出てきて、それぞれの説明の文章が面白くかかれています。
絵ももちろんですが、文章がいかにも五味太郎という感じで面白いなと思いました。

「あかちゃんのそばで」というタイトルでしたが、大人が読んでも十分楽しめると思います。
1歳の娘は五味太郎さんの本が大好きで、この本も内容を覚えてしまっていて自分でページを開きながら声に出して読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わず微笑んでしまいます  掲載日:2003/12/17
あかちゃんのそばで おむかえします
あかちゃんのそばで おむかえします 作・絵: 五味 太郎
出版社: 主婦の友社
赤ちゃん誕生を心待ちにしている家の中の物の気持ちが五味太郎さんらしく描かれています。
「あかちゃんのそばで」というシリーズの中の一冊なのですが、私と娘はこの本が一番のお気に入りです。

赤ちゃんが生まれるということは周りも幸せにするんだなと感じさせる本です。
最後まで読むと表情が優しくなるような気がします。
参考になりました。 0人

333件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット