ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん」 みんなの声

きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん 作・絵:安野 光雅
訳:池内 紀
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,408+税
発行日:1991年10月01日
ISBN:9784001106107
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なるほどなるほど

    グリム童話の『漁師とおかみさん』も、絵だけを見ていると違った物語が作り出せる。
    ちょっと強引なきもするけど、キツネさんが一生懸命編み出した物語にはとても味が有ります。
    子どもにせがまれてとっさに即興的に作り話を語ったころが思い出されます。
    安野さんの絵も意識的に描かれていて、『漁師とおかみさん』の物語を語るには装飾的です。
    肝心のグリム童話の方は、影が薄くなってしまいました。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一つの絵本で二つのお話が楽しめる

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    副題に「きつねがひろったグリム童話」とあります。
    つまり、コン君というキツネの子が、森のはずれで本を拾ってきて、とうさんに読んでもらうんです。でも、とうさんキツネは、人間の字が読めないので、一度だけという約束で、自分の作ったでたらめのお話を読んでやります。
    というわけで、上に本来のグリム童話が書かれ、下にとうさんキツネの作ったお話が書かれ、一つの絵本で二つのお話が楽しめるというしくみになっています。

    上のグリム童話は、欲張りなおかみさんのお話。下のとうさんキツネの作ったのは、竜宮城のおとひめ様を人間界に招待しようというお話で、どちらも人間のエゴが書かれてて、決して感動するとか、ほのぼのするとかそういう話ではありませんが・・・。

    発想のおもしろさと、「旅の絵本」で有名な安野光雅さんの絵を楽しめる点、最後の「コン君は、お話なんかどうでもよかったんです。とうさんにだかれて、耳もとでとうさんの声がしていれば、それだけで、よかったんです。」という文章が気に入りました。

    掲載日:2003/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット