だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼくのきかんしゃ」 みんなの声

ぼくのきかんしゃ 作・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:伊東 寛
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,460+税
発行日:1998年02月26日
ISBN:9784062619783
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「ぼくのきかんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寒さを忘れさせてくれるあったか絵本。

     この作者独特の絵と男の子の空想が、みごとにマッチしていて今からの寒い季節にピッタリの絵本です。きしゃ好きの我が家の兄弟も、自分で車掌さんになってきしゃに乗って旅に出る男の子に、自分の姿を重ねているみたいで大好きなようです。

     寒い日常におさらばして、常夏の島でバカンスなんて、大人の私も共感できるお話です。

     子どもの一人の時間は、いろんなことを頭の中で考えて空想にふけってみたり、お人形とお話してみたりと、素晴らしい空間にいるんだと思います。そんな、一人で安心して遊べる時間を、何かと気ぜわしい毎日のうちで少しでも多くそんな時を持てる工夫をしていきたいです。

    掲載日:2007/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒い冬は、きかんしゃに乗って・・・???

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子9歳、女の子4歳

    『お月さまってどんなあじ?』で大ファンになった、マイケル・グレイニエツさんの絵本!しかも、訳者は、これまた大ファンのいとうひろしさん!もう、読むっきゃないでしょう(笑)。

    ミロは、寒い外で遊ぶより、家の中で機関車で遊ぶのが好きな男の子。
    ミロは機関車に乗り、いつしかトンネルを抜けて、南の島まで遊びに行きます。

    寒い冬から南国へ、想像力が掻き立てられ、一緒に冒険の旅へ出かける気分♪さるのヒップと踊るシーンが、楽しいです。

    夢なのか、現実なのか、はっきりさせないラストシーンもグッドです♪

    夫も「あれ?!五味太郎さんじゃないの?!」
    なんて、間違うくらい、五味さんに似てますが、どちらのワールドも個性的で大好き。おすすめです☆

    掲載日:2005/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 汽車に乗って出発だ!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     外で遊ぶより、汽車で遊ぶのが好きな男の子が、汽車に乗って空想の世界で遊びます。トンネルをくぐると、海に出ます。そこから、自分の島に遊びに行きます。おさるさんと踊ったり、泳いだり、そしてお土産を貰って家路につきます。
     でも、家には波の音や砂の匂いが・・・。本当に行って来たのでしょうか?そんな、絵本ならではの、楽しい世界が広がります。

    掲載日:2003/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット