うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

ママちゃんさんの公開ページ

ママちゃんさんのプロフィール

ママ・20代・栃木県、男4歳 男2歳

ママちゃんさんの声

681件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いじめられないよに  投稿日:2004/08/12
もうこわくない
もうこわくない 作: マリー・ウァブス
訳: 安藤由紀

出版社: 金の星社
 いじめられっこを熊のぬいぐるみに、いじめっ子を狼に例えて、やめて!助けて!と言えるようになろうと教えてくれます。
 うちの子は、内弁慶で最初はやられっぱなしでしたが、今度はこの絵本のようにやめて!って大きな声で言っていいんだよと教えました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今と昔  投稿日:2004/08/12
おばあちゃんがちいさかったころ
おばあちゃんがちいさかったころ 作: ジル・ベイトン・ウォルシュ
絵: スティーブン・ランバート
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
 おばあちゃんと孫の会話。今は電車、昔は汽車。アイスクリームも今は車販売。昔は自転車で売りに来てた。何て、感じで昔と今について話合っています。
 孫に、昔の方が良かったかと聞かれて、おばあゃんは今は、孫のお前がいるから、と言うのでした。
 自然に、こんな会話が出来る家族っていいですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お月様ってね。  投稿日:2004/08/11
つきよ
つきよ 作・絵: 長 新太
出版社: 教育画劇
 お月様って、山奥で水浴びするんだってさ。子だぬきが見たんだよ!色んなものの真似をして、楽しそう!
 夜の、ゆったりとした時間も感じるし、素敵な絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今回は、恐竜と出会う  投稿日:2004/08/11
11ぴきのねこどろんこ
11ぴきのねこどろんこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
 11匹の猫達は、恐竜に出会います。泥浴びが好きな恐竜です。背中に乗ったり、崖に落ちた所を助けたり、でもネコ達がいじめたのを切っ掛けに、来なくなります。
 でも、それは3匹の母親になる為に、遊びに来なかっただけでした。どんどん大きくなる恐竜と会うたびに仲良くなっていくネコ達でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 遊んでよ!  投稿日:2004/08/11
おにとあかんぼう
おにとあかんぼう 作: 西本 鶏介
絵: 梅田 俊作

出版社: 金の星社
 一人で寂しい鬼が、村に友達を求めて行きますが、皆逃げてしまい寂しい思いをした鬼は、悔しくて村を襲い始めました。
 でも、ある家で赤ん坊に出会い、鬼を怖がらすに、無邪気に笑う可愛さに、もう2度と村を襲わないと心に決めた鬼。
 ちょっと、可哀想な気もするけれど、外見だけじゃない心だよ!みたいな事を教えているのかなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 文字はないよ。  投稿日:2004/08/07
おともだち
おともだち 作・絵: いせひでこ
出版社:
 文字はなく、表情もあまり表現されていないのですが、後姿からどんな表情か想像できる感じになっています。
ネコにミルクをやるのに一生懸命だったり、女の子に恥ずかしさを感じたりと、自分の子供達にも重なる部分があって、ほほえましい作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そんな気がする  投稿日:2004/08/07
なりました
なりました 作: 内田 麟太郎
絵: 山口 マオ

出版社: 鈴木出版
 カバが臭いをかいでいたら、ゾウになったり。カメが鉄棒したら、河童になったり。もしかして、そうかも!?なんて思ってしまうような、ほのぼの絵本です。
 とにかく、一度読んでください!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しそうな運動会  投稿日:2004/08/07
とんぼの うんどうかい
とんぼの うんどうかい 作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社
 だんだん赤とんぼも飛ぶ季節になって来ました。絵本の内容は、みんなで運動会をするのですが、実際に見るとんぼの群れもこんな運動会をしているのかなと見る目が変わる気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくましい男の子  投稿日:2004/08/07
オニヤンマ空へ
オニヤンマ空へ 作: 最上 一平
絵: せた ていじ

出版社: 岩崎書店
 男の子は、家族でお墓参りに行った帰りに、川でやごを捕まえました。それが、オニヤンマになるのですが、生後7日でなくなった妹と重なり、ひとりで元の場所に帰す事にしました。
途中迷子になったり、雨が降ったりしますが、それでも頑張って帰してあげました。
単なるとんぼの絵本かと思ったら、内容の濃い作品でビックリしました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おばあさんのお布団で。  投稿日:2004/08/05
おひさまぽかぽか
おひさまぽかぽか 作・絵: 笠野 裕一
出版社: 福音館書店
 おばあさんが、縁側に布団を干しました。そこへ、ネコがやって来てお昼寝を始めました。それを見て、おばあさんは眠くて、そのまま布団でお昼寝。次には、にわとり、どんどん どんどん増えていき、重なりあって色んな動物がお昼寝です。
 まあ、ここまでならなくても、干した布団て本当に気持ちよいですよね。
参考になりました。 0人

681件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット