なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ポプラポケット文庫 おかあさんの木」 みんなの声

ポプラポケット文庫 おかあさんの木 作:大川 悦生
絵:箕田源二郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\570+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784591088784
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 泥臭い戦争民話

    戦争に関わる8編の話が収録されているのですが、なんとも生々しく響いて来るのです。
    民話を多く手掛ける大川さんの戦争民話。
    救いようのない話で、息苦しくもあるのですがそれぞれに心に響く話です。
    標題になっている「おかあさんの木」は、戦争に出征する7人の息子のために植えた7本のキリの木の話。
    こどもを思う母親の気持ちが痛いくらいわかるのですが、お国のために差し出した命とも思うのです。
    一人、また一人と息子の戦死が伝えられます。
    お母さんのキリに向かい話しかける切なさは心苦しいばかりです。
    それぞれの作品が重苦しく、描かれ方は確かに民話です。
    一気に読むより、一作一作立ち止まって味わうのが良いと思います。
    それぞれに絵本だったら、もっとつらかったように思います。

    収録作品
    ・ おかあさんの木
    ・ 火の中の声(空襲の話)
    ・ ぞうとにんげん(上野動物園の3頭のゾウの話)
    ・ ひろしまのきず(原爆の話)
    ・ つる(ソ連に抑留された兵士の話)
    ・ 父たちがねむる島(玉砕した島の兵士の最期)
    ・ あほうの六太の話(徴兵を逃れるた六太の狂気)
    ・ おもちゃ買いのじいやん(息子に死なれた父親の後悔と、戦争ごっこへの怒り)

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶対あってはならないこと

    • 流音さん
    • 40代
    • その他の方
    • 北海道

    何年か前まで、小学6年生の戦争教材でした。

    7人の息子たちが徴兵されるたび、桐の木を植えていったおかあさん。毎日息子のようにかわいがり、話し掛け、ずっと帰りを待っていました。でも誰一人として帰ってこず、届くのは「戦死」の知らせばかり。しばらくして、戦死したはずの五郎が帰ってきました。そのときおかあさんは…。

    私が習ったとき、涙が止まりませんでした。学芸会で劇にしたときも、会場からのすすり泣きを忘れられません。その後教員になり、逆に教える立場に。範読の時も涙が出てきてしまいました。子どもたちも泣いていました。
    「戦争を教える」ことは大切です。でもこのお話は、解説などいらないほど、子どもでも心の中にしみこんでいきます。

    残念ながら今は教材から外されてしまいましたが、ずっと語り継いでいきたいお話です。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / とのさまサンタ / いっきょく いきまぁす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット