大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

さいごの恐竜 ティラン」 みんなの声

さいごの恐竜 ティラン 作:村上 由佳
絵:広瀬 弦
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784834250312
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい親子の愛情ストーリー

    村山由佳さんの話はとても心に響いてくる作品ばかりなのですが、この絵本に関しては、さらに、これ以上の親子の愛情はないと思うほどすばらしい作品です。
    地球から恐竜が姿を消す最後の瞬間。
    肉食恐竜ティラノザウルスのティランをわが子のように育てた草食恐竜のお母さんサウルス。
    わが身を食べて生き延びろと伝える母親と、自分とは性格も食べ物も違う恐竜を母と慕うティラン。
    死んだ母親を、傷だらけになりながら他の肉食恐竜から守り続けるティランの姿は壮絶です。
    実の親子ではないのにこれほどの愛。
    話の前半は、夫を亡くし子どもたちを失った母親の悲しみで始まるのですが、憎むべき肉食恐竜のたまごに愛をそそぐお母さんサウルス。
    読んでいて心しめつけられる思いでした。
    この感動を息子は分かってくれたでしょうか。

    掲載日:2009/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙なしでは読めません!!

    • モモ太郎さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子7歳、女の子6歳、男の子5歳

    絵本と言うよりは物語。
    63ページもあり、文字も小さいので、かなり読み応えあります。
    知人のブログで紹介されており、どうしても読みたいと手に入れました。
    子供に読み聞かせるのに、一晩では無理かなと、「今日は半分ね」といい読み始めたら、先が知りたくて結局一晩で読んでしまいました。

     小2息子小1娘&私は号泣。年長息子も途中で寝ないで最後まで聞いていました。

     大切な夫をティラノサウルスに殺され、悲しみにくれて巣に戻ると、生まれたばかりの5匹の赤ちゃんも一人残らずいなくなっていた。 
     そんな悲しみの中見つけた大きな卵。憎きティラノサウルスの卵。
    子供を亡くしたお母さん恐竜と、親をなくした恐竜の卵。
    神さまが決めたこと、とこの卵を大切に育てるお母さん恐竜。
     母の愛を受け、心優しく育ったティラノサウルスのティラン。
    母よりも、他の仲間よりも大きく育ったティラン。
     ある日大きな大きな隕石が落ちてきて・・・


     お母さんのティランへの最後のお願い。涙なくしては読めません。
    母と子の愛情が、痛いほど伝わるお話です。

     読み聞かせなら、年長の子供も理解していました。
    自分で読むなら小学校中学年くらいからでしょうか。
    漢字にふりがながふってありますが、簡単な漢字にはないので、小1の娘が途中で読むのを諦めていました。

    掲載日:2007/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子の絆とは。。

    私は好きな作家さんの作品はすべて読破したいタイプなのですが、
    この方が絵本を出版されているとは知りませんでした!
    すぐに手に取って、読んで感動。。優しくて切ないお話でした。

    失った子の代わりに天敵の子を育て始めたお母さん恐竜。
    母は草食恐竜、子は肉食恐竜でした。
    でも、お母さん恐竜は決して我が子の代わりに育てているのでは
    ありません。そこには本物の愛情がありました。
    子も母の愛情に応えるように優しく成長していきます。
    親子の愛には、産みの親・育ての親、種までもを超える深さが
    あるんですね。
    いつの時代も、このことは普遍的なものであってほしいと願います。

    掲載日:2007/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙すること必至、美しく悲しい物語

    草食恐竜の母に育てられた肉食恐竜のティラン、深い愛情と強い絆で結ばれたふたりの切なくて苦しくてやりきれないラストに大泣きしてしまいました。

    最初に読んだ当時は20代前半で独身でしたが、人のこの親になった現在読んだら母親の気持ちが痛いほど理解できて更に号泣でした。
    子供が読むとするよ対象年齢がどれくらいになるのかは解りませんが、子育て奮闘中のお母様は是非読んでみて下さい。

    掲載日:2006/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / ぞうくんのさんぽ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット