ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!

天つ風の音」 みんなの声

天つ風の音 作:かんの ゆうこ
絵:東儀 秀樹
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年
ISBN:9784062121620
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,414
みんなの声 総数 1
「天つ風の音」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 天の川に雅楽の調べ

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    雅楽の東儀秀樹さんが絵を描いた絵本です。
    龍笛をモチーフとしたおはなしです。
    一般書に分類されていますが、
    雅楽に触れるいい機会ですのでおすすめします。
    天の川、龍ということで七夕の頃読むのがいいのではないでしょうか。
    聞こえない音を聞く耳を持った不思議な白うさぎが
    ひでりの苦しみに心を痛め、龍に雨を降らせてもらうよう
    お願いします。
    龍の胸をふさいでいたのはさびしさの、氷のようなかたまり。
    白うさぎが優しく抱きしめる姿がとても美しいです。
    雅楽は宇宙を表現する音楽だと言います。
    このおはなしはまさにそのイメージを表現しています。

    掲載日:2005/03/06

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット