貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

トーマスと10このふうせん」 みんなの声

トーマスと10このふうせん 作:ウィルバート・オードリー (原作)
訳:みずしま あさこ
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年
ISBN:9784499284028
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,539
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 難しいけど楽しめる

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子1歳

    トーマスが大ブームな2歳11ヶ月の息子に借りてみました。
    10個の風船が1つずつ減っていき、「のこりはいくつ?」と毎回質問されます。
    10までは数えられますが引き算は難しかった様です。
    でも風船のしかけが新鮮で面白く、気に入って何度も読んでいました。
    引き算がまだ分からなくても楽しめる1冊です。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット