よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
しいら☆さん 50代・その他の方

和菓子と洋菓子の素敵な出逢い!
青野さんの絵だ! 全ページためしよみ…

きつねのおきてがみ」 みんなの声

きつねのおきてがみ 作:菊池 敬一
絵:丸木 俊
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年09月
ISBN:9784338023108
評価スコア 4
評価ランキング 22,120
みんなの声 総数 2
「きつねのおきてがみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 狐の宝珠の結ぶ縁

    取られた宝珠を取り返しに来たのに違いないけれど、夫婦になり子どもが産まれたのは、狐が人の心を持ったからでしょうか。
    やざえもんが隠した宝珠を見つけて、きつねに戻った女が、鮭を贈り続けているのは、子どもへの愛情でしょうか?
    丸木さんの艶やかな絵が、印象的でした。

    掲載日:2017/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • キツネの宝

     大切な宝を、やざえもんにとられてしまったキツネ。人間の女にすがたをかえて、やざえもんとめおとになりました。
     けれど、大切な宝をみつけたキツネは、手紙を置いてキツネの国にかえってしまいます、、、。
     
     やざえもんとキツネの間には、子どももいて幸せに暮らしていたのに、、、。キツネが家を出ていく場面がせつなかったです。

     おちついた色あいで描かれた絵は、しっとりしたかんじで、お話にあっていました。せつなく悲しいお話に、しみじみしました。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット