しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ほしをひろった」 みんなの声

ほしをひろった 作・絵:深見 春夫
出版社:福武書店
本体価格:\1,165+税
発行日:1991年
ISBN:9784828849676
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,298
みんなの声 総数 6
「ほしをひろった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほしのまほう

    おじいさんはキラキラ光る星を拾いました。
    それを家に持ち帰り、おばあさんと眺めていると…

    とたんに家がふわふわ浮いて、ふねになって夜空の中を飛んでいきます。
    どんどん高く登ってやって来たのは、雲の上…

    星は、雲のお城の男の子のおとしものだったんですね。

    夜でできた馬、おうちのふね、雲の王国
    まるで夢のような世界。
    青や緑、紫色の美しい夜空に、うっとりしてしまいます。

    おうちに居ながら色んなところへ旅ができたら、どんなに素敵だろう…と思いました。

    そんな魔法のおとしものに、私も出会いたい。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • グランパ&グランマといっしょに!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    初めて読む作家さんです

    とても、静かなびっくり(^^ゞとでも申しましょうか
    秋の夜長にぴったりに思いました

    祖父母と楽しむ絵本に、是非!お薦めです

    木の上で、かぶとむしとリスが空飛ぶ家を
    見ている後姿が、なんともいいです
    やさしさが、絵にも表現されているように思います

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなはなしです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    自分の作った馬の眼にする星を落としてしまった男の子。
    その星をひろったおじいさんは、家が宇宙船になって、他の星まで飛んでいきます。
    そこには、落とした男の子がいます。

    なぜ、家ごと星まで連れてきたのだろうと不思議でした。
    それは、拾ってくれたおじいさんに直接お礼を言って、
    その星がどんな役割をしているかを見せたかったのでしょう。

    拾ったおじいさんにとっても、この星は宝ものになりました。
    いつかまた会える日を楽しみに出来るからです。

    黒い馬は、地上からは模様の星しか見えないかもしれません。
    流れ星は、もしかしたらこの馬かもしれないですね。

    掲載日:2007/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 七夕シーズンにおすすめです!

     絵本ナビメンバーの、pirikaさんぼのさんおすすめの深見さんの作品です。

     絶版ということで、図書館で貸出予約をしてやっと読むことができた一冊です。

     読み終えて、私もぼのさん同様、幼い頃の思い出に浸ってしまいました。それは、小学校3〜4年生の頃理科の授業で星座について学んだときのことで、背中に翼を付けて空を自由に飛び回る『ペガサス』に魅了され、星を見ることが好きになったことです。そんなステキな思い出を思い起こしてくれたこの本に感謝しました。pirikaさん・ぼのさんにも感謝です!!

     とても、ゆめのある絵本七夕のシーズンに是非、大人の方に読んで欲しい一冊です!もちろん、子どもたちにもおすすめですよ!

      やっぱり、絶版なんて、もったいな〜い!!

    掲載日:2006/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃の思い出に胸きゅん

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    pirikaさんおすすめの、深見春夫さん!
    私は、まったく知らなくて、気になっていたので、図書館にあった3冊を借りてきました。
    3冊目はコレ!

    私としては、これが一番気に入りました〜♪(でも、5才の次女は大男の方が好きです☆)
    前回、登場人物の顔があまり好きになれなかったのですが、ここに登場するおじいさんやおばあさん、海賊(かな?!)や宇宙人(かな?!)の顔は、とてもピッタリでいいです。

    お話もとてもロマンチックで夢があり、顔以外の絵も、美しくて、見てるだけで癒されます。

    昔、小学生の頃、『ほしのこうま』という母の作ったお話に、3人の娘(私たち3姉妹です)が、絵をつけた、手作りの絵本があったのを思い出して、胸がきゅーんとなりました。(残念ながら、残ってないんです。涙)

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空からの落し物

    星のきれいな夜、散歩に出かけた おじいさんは、落ちている星を見つけました。
    おばあさんに見せてあげようと、星をひろって家に帰りました。
     『おばあさん これを ごらん』  『まあ、かわいい』
    ふたりが瓶に星を入れ 眺めていると・・・。

    老夫婦と、星を落とした男の子の不思議な物語です。
    男の子を見るふたり(老夫婦)の優しいまなざしや、穏やかなふたりの会話が素敵です。
    ふたりに合わせているかのように、まわりの空気もゆったりと流れているようで癒されます。

    息子の反応ですが、楽しい!ウキウキ♪という本ではないので、どうかな?と思いましたが、
    やはり癒されるのか、穏やかな顔で笑みを浮かべていました。
    大好きな生き物が出てくるページでは興奮してましたが・・・。(笑)

    ぜひ、大人の方にも読んでいただきたい一冊です。

    掲載日:2006/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット