だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

たこのななちゃん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

たこのななちゃん 作・絵:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784198606930
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,871
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 名作だと思う

    小学校2年生のクラスの読み聞かせで読みました。(その前に我が家で読み、8歳の長女も4歳の次女も大喜びでした。)

    ストーリーは皆さんが紹介されてるとおりです。

    かわいらしい絵で、時折クスリと笑いながら物語は進みます。
    だけど、しんみり。とってもしんみり。これは悲しい・・・と思った時に、最後の最後にやってくる、最高のオチ。このオチ本当に最高!!!

    シーーーンと聞いていたクラスのみんなが、最後のページで、解き放たれたように笑いました。担任の先生も笑いました。
    最後が良いですね。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子がお気に入り

    7本足のたこのななちゃんが かなこの家や学校で色々な特技を見せてくれます。
    息子はななちゃんのお給食のナフキンが魚柄だとか
    お箸が上手だとか、スキーは全部色が違うなどと細かく絵を見て私に話してくれました。
    なかでも竜宮城の絵を「スゴイ、スゴイ」と絶賛。

    話の前半の楽しい雰囲気とは変わり、
    後半はななちゃんがホームシックになり、
    かなこが淋しいのをグッとこらえて決断をするシーンでは
    しんみりしました。

    優しさいっぱいの絵とお話です。

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たこのななちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だっこの木 / おんちょろきょう / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット