キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

トミーが三歳になった日」 たれ耳ウサギさんの声

トミーが三歳になった日 作:ミース・バウハウス
絵:ベジュリフ・フリッタ
訳:横山 和子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1982年10月
ISBN:9784593501748
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,830
みんなの声 総数 3
「トミーが三歳になった日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 絶望の中で見つめる子供への愛

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    トミーはチェコスロバキアにあったユダヤ人強制収容所で両親と共に
    暮らす男の子。
    お父さんは絵描きさんでドイツ軍のための製図を書いていたため、
    他のユダヤ人家族よりは恵まれた生活だったようです。

    かわいい息子のため、軍に内緒で書き溜めた絵を壁の後ろに隠して
    置きました。

    トミーの三歳の誕生日。
    もしも戦争がなければ、こんな楽しみがある。もしも戦争がなければ、こんな美味しい物が食べられる。もしも戦争がなければ… もしも…

    お父さんの魂の叫びは、数十枚の絵となってはじけます。

    しかし、お父さんの絵が軍にばれて、彼はアウシュビッツに送られて
    そこで亡くなってしまいます。

    お父さんは言っていました。
    この絵がもし兵士にみつかったら…と想像するとすててしまおうか、
    もしてしまおうか…
    いやいや、壁の外の人達にここで起きたことをなんとしても知って
    もらわねばならないならないのだ。こんなことが、けっして二度と
    ふたたびおこらないように。

    隣人であり、後にトミーの養父となる人の証言やトミー自身の思い出
    も載っていますが、生き延びただけでは、幸せではなかった戦争の
    傷跡は大きかったようです。
    それでも、回りの人たちに支えられ四人の子の父となったトミーが
    今は幸せと言う締めくくりでホッとしました。

    命と引き換えたお父さんの絵が奇跡的にこの世に発表された
    のですから、世界は平和への道を突き進んで欲しいです。

    お父さんもお母さんも、そして児童書が読めるようになった多くの
    子供たちにも、是非読んで欲しい一冊です。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「トミーが三歳になった日」のみんなの声を見る

「トミーが三歳になった日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび / そらまめくんのベッド / てぶくろ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット