話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

星新一ショートショートセレクション(11) ピーターパンの島」 夏の雨さんの声

星新一ショートショートセレクション(11) ピーターパンの島 作:星 新一
絵:和田 誠
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2003年07月
ISBN:9784652020913
評価スコア 4
評価ランキング 29,364
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 『星新一ショートショートセレクション11』(理論社)。
     表題作である「ピーターパンの島」をはじめとして、18篇の「ショートショート」が収められた、児童書。
     装幀・挿絵(それぞれの作品にひとつ挿絵がついています)は、和田誠さん。

     星新一さんではないが、時々こんなことを考えることがある。
     もし、本当にタイムマシンが実現して、例えば江戸時代にタイムスリップしたとしましょう。江戸時代の人たちは未来から来た人と大歓迎してくれるでしょうが、果たして私は彼らの期待に応えることができるのかと。
     未来には自動車という便利な乗り物があって、と言ったところで自動車が作れるわけでもなく、インターネットで世界中の情報を知ることができると説明してもパソコンもスマホも持っていなければ何もできない。
     傘張りの浪人はまだ傘が張れるが、未来人の当方はそれすら危うい。
     つまり、未来人といっても、単に高度な文明を享受しているに過ぎないのだ。
     この巻には、これとよく似たショートショートが収められている。
     タイトルは「高度な文明」。
     ある時、地球にやってきた宇宙船。そこに乗船していた宇宙人はとても高度な文明を持っているようであったが、しばらくすると乗ってきた宇宙船が壊れてしまう。でも、宇宙人がいれば、すぐに作り直せると思ったが、実は宇宙船自体に文明が設置されていて宇宙人には何ひとつできない。
     この作品の最後に、星さんはこう書く。
     「きみに一本のマッチが作れるか。(中略)文明とは、そういうものなのだろうな」

     表題作の「ピーターパンの島」はダーク・ファンタジーとして面白かった。

    投稿日:2024/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「星新一ショートショートセレクション(11) ピーターパンの島」のみんなの声を見る

「星新一ショートショートセレクション(11) ピーターパンの島」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット