もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

風をつかまえたウィリアム」 レイラさんの声

風をつかまえたウィリアム 文:ウィリアム・カムクワンバ ブライアン・ミーラー
絵:エリザベス・ズーノン
訳:さくま ゆみこ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784378041346
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,007
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 図書館が救いの手

    『THE BOY WHO HARNESSED THE WIND』が原題。
    日本でも、スーパープレゼンテーションという番組でおなじみの
    TED(世界的講演会)に作者自身が登壇していたをたまたま視聴していたので、
    ピン!ときました。
    そう、アフリカの貧しい少年が、独学で風力発電の風車を作った実話です。
    マラウィという国に住むウィリアム少年の家は貧しく、
    とうとう学校にも行けなかったのですね。
    幸運なことに、近所に図書館があったので、そこで、
    英語の辞書片手に科学の本を読破し、風力発電の風車を手作りしたのです。
    図書館が救いの手になったということが嬉しいですね。
    もちろん、ウィリアム少年のまっすぐな意志の強さもあってのことです。
    巻末には、その後のウィリアム少年の姿も掲載されています。
    TEDにより資金が集まり、ウィリアム少年も復学し、家の畑も再生し、
    地域のためにさらなる学びを続けているそう。
    小学生くらいから届けた作品です。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「風をつかまえたウィリアム」のみんなの声を見る

「風をつかまえたウィリアム」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット