もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

野風さんの公開ページ

野風さんのプロフィール

ママ・30代・熊本県、女の子3歳

野風さんの声

94件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘が大好きです  掲載日:2017/4/25
もったいないばあさんの いただきます
もったいないばあさんの いただきます 作・絵: 真珠 まりこ
出版社: 講談社
もったいないばあさんシリーズで初めて読んだ絵本でした。
「〇〇ちゃん、これ好きだよ!」と言いながら、ひじきやにんじんを指さしてみたり、もったいないばあさんの動きが好きみたいで、「遠くから見てる〜」と言って喜んでいます。
親としても、「どうしてのこしちゃいけないの?」という答えのページが素晴らしいと思いました。
小さな子供に「もったいない!」とストレートで、かわいいばあさんのお話が私も大好きです^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 前作から大好き  掲載日:2016/9/27
ぞうくんのあめふりさんぽ
ぞうくんのあめふりさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
前作も、何度も何度も読まされましたが、
今回のあめふりさんぽも、素晴らしいっ!

水の中とはいえ、やっぱり亀くんでは耐えきれなかったかぁ〜。
でも、ぞうくんも泳げて、結果オーライ!
今回はこうきたか!
…とオチがよめるようで、よめなかった、かわいい絵本でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も何度も楽しめる  掲載日:2016/2/25
かいじゅうぞろぞろ
かいじゅうぞろぞろ 作・絵: 木曽 秀夫
出版社: サンリード
四本の柱で支えられた世界。

人々が、文房具かいじゅう達と戦う世界はなんとも不思議でオモシロイ!

この本を読むと子供は、声をあげて笑い、喜んでいます。


ツメキリザウルスのページには言葉がないので、うちでは、
「ちょっきんちょっきん!つめをきるきる!ツメキリザウルス!」と、私が作って読んでいます(^^)

子供も私も大好きで、毎日何度も読んでいますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な物語の世界へ  掲載日:2016/2/12
不思議の国のアリス
不思議の国のアリス 作: ルイス・キャロル
絵: ロバート・イングペン
訳: 杉田 七重

出版社: 西村書店
不思議の国のアリスをまともに読んだのは、これが初めてです。

大きくなったり、小さくなったり。
不思議の国の住人はみんな怒りっぽくて、
常に不安がつきまとうのですが、
アリスの好奇心の強さ、魅力に、ついつい読みふけってしまいました。

なんといっても、ページをめくるごとに現れる、繊細で美しい絵!!
この一冊があれば、何度も何度も不思議の国を楽しむことが出来るはずです!

こどもにも、いつかこの世界を体験させてみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いあり、感動あり!  掲載日:2016/2/4
インディアンはどこ?
インディアンはどこ? 作: カタリーナ・ヴァルクス
訳: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
大好きなビリーとジャン=クロードのコンビ!

今回はインディアンを探しに出かけ、
ちょっとおっちょこちょいなパメラのおかげで、
ジャン=クロード、気絶です(笑)

ビリーの帽子に矢が刺さったときの、
ジャン=クロードとパメラの顔には笑ってしまいました!

意外にも優しいインディアンとも仲良くなり、
「こうやを かける あらうま」なーんて、
カッコいい名前をもらっちゃって。
よかったね、ジャン=クロード!

「インディアンになってもヘーゼルナッツは好きかい?」
と、素敵な質問を投げかける大好きなパパ。
ヘーゼルナッツを喉につまらせるほど、ビックリ嬉しかった馬の形の煙!感動します!

幸せな気分になれるラストでした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一作目を読んでから  掲載日:2016/2/3
つかまえろ!
つかまえろ! 作: カタリーナ・ヴァルクス
絵: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
一作目ではギャングだったパパが、カウボーイ?!
・・・とビックリしましたが、きっと転職したんですね(笑)

バッファローを捕まえるために、
ビリーははりきっています。

が、いいとこ取りで、一番苦労しているのはミミズのジャン=クロードでしょうね(笑)
ビリーとジャン=クロードのやりとりが面白い!

そしてバッファローが、とっても優しい!
粋なことするなぁ〜と感心してしまいます!
やったね、ビリー!

締めはやっぱりヘーゼルナッツ!
とってもクセになる、可愛い絵本です。

一作目から続けて読むことをおすすめします!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハムスター?!  掲載日:2016/2/3
てをあげろ!
てをあげろ! 作: カタリーナ・ヴァルクス
訳: ふしみ みさを

出版社: 文研出版
手のないミミズに「てをあげろ!」という、この表紙がもう、可愛くて可愛くて(笑)

あのハムスターがギャング?!というのにも笑えますが、
パパの武勇伝、聞いてみたいものです。

「てをあげろ!」と練習しているはずが、
ユニークなキャラクター達とどんどん友達になっていくビリー。

こりゃーギャングになれないか?と思いきや、
あのキツネを怖がらせるほどの迫力!
パパも大喜び♪

優しくて可愛いギャングハムスターと、その仲間たちのユニークさに、とっても大好きな絵本になりました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物好きな娘に  掲載日:2016/2/3
世界のどうぶつ絵本
世界のどうぶつ絵本 作: 前田 まゆみ
出版社: あすなろ書房
親子で動物園によく行くのですが、
この絵本があると、動物園が何倍も楽しくなります!

象がとっても家族思いなこと、
プレーリードッグの名前の由来、
カンガルーの育児方法など、

「へぇー!!」がいっぱい!


また、動物園にはいないような動物も
たくさん描かれていて、

ハイエナやトナカイ、
アルパカなどの動物のことも詳しく乗っていて、
全然飽きません。

大陸ごとに乗せてあるので、イメージもしやすいです。

優しいタッチと色使いの絵なので、
こどもにも安心して見せることができます。

こどもから大人まで、
とっても楽しめる絵本ですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いい絵本  掲載日:2016/2/3
しあわせの ちいさな たまご
しあわせの ちいさな たまご 作: ルース・クラウス
絵: クロケット・ジョンソン
訳: 覚 和歌子

出版社: あすなろ書房
私は、母としての目線でこの絵本を読みました。
娘は、ちいさなとりの目線でこの絵本を読みました。

いずれ娘も、母になり、
「じぶんでしあわせなたまごをあたためることでしょう」

ああ、自分もしあわせなたまごだったんだなぁ。
とほっこりしてぃます。

1ページ、1ページ、
ひとつひとつがしあわせなことに気づきます。

子どもから大人まで、色んな見方の出来る温かい、いい絵本ですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目や指で楽しむ絵本  掲載日:2016/2/2
もよう
もよう 絵: フィオナ・ランド
出版社: 主婦の友社
子供の大好きなコントラストの強いイラストで、
さわると、所々がポコポコ気持ちのよい触感。

文字はないのに、何度も何度も繰り返し読んで(見て)いた絵本です。

「星がいっぱいだねー」
「あ、ポコポコしてるねー」
などと読み聞かせていました。

2歳になった娘でも大好きで、よく見て、触っています。

見て、触って、ページをめくって。
絵本に触れるという、経験を学んだ絵本でした。
初めての絵本にはもってこいだと思いますよ。
参考になりました。 0人

94件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット