話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

こまみん

ママ・30代・東京都、女2歳

  • Line

こまみんさんの声

29件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 内容も好きです  投稿日:2005/05/03
にじいろのさかな
にじいろのさかな 作・絵: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
表紙に惹かれ、谷川俊太郎さんの訳であることに惹かれて手にした絵本です。
高額なので、書店でしっかり内容をチェックして納得した上で購入しました。
皆さんの感想を拝読して賛否両論ぶりに驚きました。
私は、絵とお話がマッチした良い絵本だと思います。
うろこを分け与えることによって、最後のページでは見開き全体にキラキラが広がります。そこがまた素敵だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳慣れない食べ物の名前がかえって新鮮!  投稿日:2005/05/03
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
存在は知りつつも、実際に手にするのが遅くなってしまいました。
保育園ですっかりおなじみの本らしく、かなりの部分を暗記していることに驚きました。
「サラミ」「ピクルス」「ぺろぺろきゃんでぃ」コドモが言うと本当にかわいらしくて、楽しくなります。
視覚で楽しめ、語感で楽しめる1冊だと思います。
食べ物の名前の他にも、「おなかはぺっこぺこ」というフレーズがお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことばいらず  投稿日:2005/01/09
どうぶつのおやこ
どうぶつのおやこ 作・絵: やぶうち まさゆき
出版社: 福音館書店
図書館で借りてみました。
もっと小さい頃(1歳未満)から見せてあげたかったと思いました。
動物の親子が丁寧に描いてあるのを見て、全部の動物の名前をいえたので驚きました。かばなどは、わからないと思っていたので・・・。
親とくっついている絵ばかりでなく、犬や猿は親子の距離が少しあいていて、それがまたリアルでよかったです。
親の目の届く範囲で子供を見守っている姿がよいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 我が家とダブります  投稿日:2004/12/21
いただきまあす
いただきまあす 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: 福音館書店
上手に食べられないくまくんと自分の子どもの姿が重なります。
そうそう、そうなんだよね〜と共感し、私も広い心を持たなくては・・・と思うのですが現実は厳しいです。
結局、全部ごちゃまぜにして食べる事にしたくまくん。食べ終わった後の満足げな顔がかわいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あおくんの強い思いに感動します  投稿日:2004/12/19
ないたあかおに
ないたあかおに 作: 浜田 廣介
絵: 池田 龍雄

出版社: 偕成社
子供の頃に読んだ絵と違う気がしたのですが、いろいろな出版社から挿絵違いで出ているのですね。
池田龍雄さんの絵は、若くてスマートな鬼のやわらかな表情がステキでした。
村人と仲良くなってから毎日が楽しくなったあかおにですが、ふと友だちのあおくんのことを思い出します。
あおくんの家を訪ねると扉にあかおにに当てた手紙がはってあり、黙って何度も何度も読み返すあかおに。涙がとまらないあかおにの気持ちがこちらにも伝わってきます。
「どこまでも きみの ともだち」この言葉を子供にも理解して欲しいと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 「ぐつ」のお手伝い  投稿日:2004/12/19
だんごどっこいしょ
だんごどっこいしょ 作: 大川 悦生
絵: 長谷川 知子

出版社: ポプラ社
内容を知っているつもりで図書館で借りてきました。
知っていたのは「だんご」が「どっこいしょ」になる部分だけで、主人公の名前も、かまどの番や坊様を呼びに行くお手伝いをする場面も全く知りませんでした。(忘れていたのではないと思います・・)
ぐつの年齢のわりにお願いするお手伝いが高度な気がするし、「どっこいしょを作って!」としつこくせがみすぎてばあちゃんが怒ってすりこぎでぽかり!とするあたりがどうもしっくりこないのですが、昔は普通だったことなのでしょうか・・・?
最後にばあちゃんが笑っておいしいだんごをどっさりこしらえてくれるので一安心でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う からだをたくさんつかって!!  投稿日:2004/12/19
おとうさんあそぼう
おとうさんあそぼう 作: わたなべ しげお
絵: 大友 康夫

出版社: 福音館書店
おとうさんに読んで欲しいと思い、図書館で借りてきました。
かたぐるま、ひこうき、きしゃぽっぽ・・・体を使った後は本を読んで、最後はぐうぐう、すうすう。並んで寝てしまいます。
父子のふれあいがとてもよいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不器用ママの憧れの本です。  投稿日:2004/12/12
あいうえおはよう
あいうえおはよう 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
とにかくかわいい!!!ぶたさんの表情、ねずみさんのポーズ、最初と最後のページに出てくるお日様の顔・・・細かいところまで楽しめます。不器用な私でも、ちょっとがんばってみたいなぁ!と刺繍やアップリケに挑戦したい気持ちも出てきます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさしいたぬきさん  投稿日:2004/12/12
もりのふゆじたく
もりのふゆじたく 作: たるいし まこ
出版社: 福音館書店
みんなのために働きすぎて、たぬきだけ空の袋を持って解散する場面には少し寂しくなってしまいましたが、最後にちゃんと森のみんながおすそ分けしてくれて安心しました。
お手紙つきです。たぬきさんをびっくりさせたかったのかな?こっそりと影からたぬきさんをうかがうみんなの表情が物語っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムにのって読みたい!  投稿日:2004/12/12
めだかのめがね
めだかのめがね 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
ことばあそびの本です。
字が読めるようになってから、自分で読ませるのもよいと思います。
子供だったら、好きなページをすぐに暗誦してしまうかも。

読み聞かせでは、全部ひらがななのでついつい先入観で読み違えをしてしまいました。リズミカルに、楽しく、上手に聞かせることができたら耳でも楽しめる本だと思います。
参考になりました。 0人

29件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット