たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

けんかおだいさんの公開ページ

けんかおだいさんのプロフィール

ママ・30代・兵庫県、男5歳

けんかおだいさんの声

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい めっちゃおもろいやん!  掲載日:2008/10/14
あれこれ たまご
あれこれ たまご 作: とりやま みゆき
絵: 中の滋

出版社: 福音館書店
本屋で立ち読みしたら凄く面白かったので買いました!
「これは息子にウケルぞ!」と思って読んであげたら、案の定大笑い!
たまごの気持ちが関西弁でおもしろく描かれているところや、絵本の中で紹介されている卵料理の数々が、息子の興味を引いたようです。

それにしても、卵料理の数々が本当に美味しそうに描かれていて、息子は絵本にかぶりついていました!(笑)

たまご一個一個の顔の表情もとても可愛いです!


主人公のたまごになりきって読むと、子供にウケルこと間違いなし!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい!  掲載日:2008/10/14
カブト・クワガタ昆虫ガッタイダー
カブト・クワガタ昆虫ガッタイダー 作: 学研
出版社: 学研
上、真ん中、下の3つのパーツに分かれていて、それを別々にめくればオリジナルの昆虫がたくさん作れるんです!
例えば、頭はカブトで胴体の真ん中部分はハチ、胴体の下の部分はセミというように。
組み合わせ方によっては凄く変てこな容姿になって、息子に大うけでした!

昆虫の写真の横には名前が書いてあるので、名前までオリジナルが出来るんです!
ただ、カタカナの横にはふりがながうってあったので息子はなんとか読めましたが、ひらがなの読みがまだなお子さんには読む親御さんが大変な思いをするかも知れません。


全く違う昆虫を合体させるというのは新しさがあり、また、凄く楽しめるのですが、掲載されている昆虫の数が16という少なさと、昆虫のことをもう少し詳しく書いてあれば(例えば、食べるものや便の形など)更に良かったと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う もっと詳しく!  掲載日:2008/10/14
おこる
おこる 作: 中川 ひろたか
絵: 長谷川 義史

出版社: 金の星社
“どうして怒るのか”ということについて、もっと詳しく書いてあれば良かったと思います!
そのことについては、読み終わったあと親子で話し合おうということなのでしょうか・・・?


誰だって怒るのも怒られるのも嫌。
怒った後も怒られた後も嫌な気持ちになる。


だけど、怒るのはその人のことを大事に思っているから。
怒られるようなことをするのは、もしかしたら構って欲しいからなのかも知れない・・・。


そういうところまできちんと描かれていたら最高だったのになぁ・・・。


本屋さんでこの絵本を読みましたが、購入には至りませんでした。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 反応がいまいち・・・  掲載日:2008/10/14
しんかんせんでおいかけろ!
しんかんせんでおいかけろ! 作・絵: 横溝 英一
出版社: 小峰書店
電車が出てくる話だから息子はきっと気に入るだろうと思い買ったのですが、いつもなら電車が出てくる話には食いついてくる息子の反応はいまいちでした・・・。
読んでいる私もあまり面白くないと思ったのが正直な感想です。
話の内容的に、もっとドキドキするのかと思ったのですが・・・。


横溝英一さんの作品なら、「はしるはしるとっきゅうれっしゃ」や「チンチンでんしゃのはしるまち」のほうが面白いと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何をするのかな?  掲載日:2008/10/8
ノンタンのたんじょうび
ノンタンのたんじょうび 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
『ないしょないしょ〜』と言いながら動物達が運んでいるものに息子は興味津々!
『これは何?何をするのかな〜?』と、ワクワクしながら話を聞いていました。
動物達からの贈り物の場面では、息子は『わぁ〜!凄いっ!!』と驚いて、ノンタンクッキーの一枚一枚顔が違うのを親子で一緒に楽しんだりしました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で一緒に楽しめる本!  掲載日:2008/10/8
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
文中に出てくる、“しゃわしゃわしゃわー”や“あわぷくぷくぷぷぷう”という言葉がなんともリズミカルで、息子と一緒によく言い合いっこしました!
“あわぷくぷくぷぷぷう”の最後の“ぷう”の発音を色々と変えて言ってあげると息子はとても喜んでいましたよ!
そんな風に楽しんだり、泡の何かに誰が隠れているのか当てっこしたり
出来るので、この絵本は親子一緒に楽しめる絵本だと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の歯磨きで困ったら・・・  掲載日:2008/10/8
ノンタンはみがきはーみー
ノンタンはみがきはーみー 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
当時、歯磨きが大嫌いだった息子。
親の私も毎日苦戦しながら歯磨きをしていました。
そんな時に、この絵本と出会って読むようになって暫くすると、だんだんと息子の歯磨き嫌いが直っていったんです!!
『はみがきはーみー しゅこしゅこしゅっしゅつ!』と、絵本の中の言葉と同じように言って磨いたのが良かったみたいです!


ノンタンシリーズは、言葉がリズミカルで覚えやすいし、読み手も聞き手も楽しくなって良いですね!


子供の歯磨きで困っている方にお薦めします!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんへの読み聞かせに・・・  掲載日:2008/10/8
ノンタンあそびましょ
ノンタンあそびましょ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
可愛くて分かりやすい絵にテンポの良い文章。
読み手も聞き手も楽しくなる絵本だと思います。


リズムのある言葉が子供に語彙力をつけてくれそうで、とても良いと思いました。


赤ちゃんから2歳ぐらいまでのお子さんへの読み聞かせに最適な絵本だと思います!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユーモアがあります!  掲載日:2008/10/7
はるまでおあずけ
はるまでおあずけ 作: 内田 麟太郎
絵: 村上 康成

出版社: ベネッセコーポレーション
文中の言葉のダジャレが面白いです。

次は誰が登場してくるのか子供と一緒にドキドキしながら読んでいます。

シンプルななかにも可愛らしい絵がユーモア溢れる話を引き立てているのかな?と、思います。


ラストのカラフルな絵が温かい気持ちにさせてくれます。


子供と一緒に笑ったりドキドキしたりしながら読める本だと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンが食べたくなる!  掲載日:2008/10/7
うさぎの パンやさんの いちにち
うさぎの パンやさんの いちにち 作・絵: かこ さとし
出版社: ベネッセコーポレーション
2年前に息子へのクリスマスプレゼントとして「こどもちゃれんじえほんばこ」を買いました。
その中でもこの絵本が一番気に入ったらしく、当時から頻繁に読んでいる絵本です。


パンの作り方やパン屋さんの一日の様子など、子供にとって興味があることが詳しく描かれているので、いつまでも飽きないで聞いていられるのだと思います。


作中色んなパンが出てくるので、『このパンは何ていう名前?次これは?』と、息子は興味津々で聞いてきます。


どうぶつパンの作り方が載っているので、親子でパン作りにチャレンジしてみたくなりました。


読み終わった後は、パンがとっても食べたくなってしまいます!
参考になりました。 0人

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット