カミナリこぞうがふってきた カミナリこぞうがふってきた
作: シゲリ カツヒコ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
【サイン本発売中!】雨、カミナリ、カミナリこぞう!? 雨の季節のファンタジー。細部まで描きこまれた緻密な絵から、主人公の驚きと興奮が、まさにそのまま感じられます

ももうさ♪さんの公開ページ

ももうさ♪さんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女の子6歳 女の子4歳

自己紹介
北海道で、2児の母をしております。

子どもの頃は、読書好きの両親に連れられて図書館へ毎週通っていたのに、
大人になるにつれて、すっかり活字から遠ざかってしまっていました。

子どもに恵まれ、絵本の読み聞かせをしたいと思い、
マイペースにですが、また図書館とのお付き合いが始まりました。
懐かしさに、時折実家のある街の図書館にも足を運んだりしています。
ひとこと
赤ちゃんだった上の娘と初めて図書館に行った時、
膨大な量の絵本に圧倒されて、
どれを読んであげたら良いのか途方に暮れてしまいました。

そんな時に辿り着いたのが 絵本ナビ です。

たくさんの方々のレビューを参考に絵本を選んだり、
自分と違う評価に「そういう見方もあるんだ!」と新鮮な気持ちで再読できたり、
何度も何度も、上の娘の年と同じ年数、本当にお世話になっています。

「絵本とは、こうあるべき」と構えたり、自分の感じ方に囚われずに、
色んな絵本をたくさん読んであげたいと思っています。

ももうさ♪さんの声

904件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 孤独な乱暴者の初恋  掲載日:2014/7/23
クロコダイルとイルカ
クロコダイルとイルカ 作: ドリアン 助川
絵: あべ 弘士

出版社: 『じんじん』制作委員会
生協の無料配本でいただきました。
スーパービビりの娘たちは、
表紙のクロコダイルが強面で、手に取ることすら出来ません(笑)。

乱暴者で孤独なクロコダイルが、
恋を知り、愛を知り、
最期に海へ沈んでいくお話です。

たった一度の出会いが「愛」に繋がる・・・というのはやや性急な気もしますが、
思い人に再会出来なかったことを不憫と取るか、
たった一度でも思い人と出会えた奇跡を幸せと取るか、
読み手によっても、
読む時のその人の状況によっても、
きっと受け取り方は様々だろうな〜と感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 期待通り!  掲載日:2014/7/10
うみの100かいだてのいえ
うみの100かいだてのいえ 作: いわい としお
出版社: 偕成社
裸のテンちゃん、点線付きにはちょっとギョッとしましたが(笑)、
やっぱり期待通りの楽しい可愛いお話でした!
このシリーズ、回を重ねるにつれ、
キラキラ可愛らしい感じが増して、
より女の子受けが良くなっている気がします。

うちの娘たちは、
各家の郵便ポスト探しと、
海の郵便屋さんのマークに大層食い付いてました(*^_^*)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 飽きない絵本  掲載日:2014/7/4
国旗のえほん
国旗のえほん 編集: 戸田やすし
出版社: 戸田デザイン研究室
数年前に図書館で娘と一緒に読みました。
ちょうど保育園の運動会の時期で、
会場に万国旗を飾ったり、
子供達もみんな1枚ずつ自分の旗を描いたりしていたので、
国旗に興味津々でした。
カラフルで、知っているようで知らなかった国旗もあり、
眺めているだけでも、大人が読んでも、楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トゲトゲごと抱きしめる  掲載日:2014/7/4
泣けないサボテン
泣けないサボテン 文: なす かつら
絵: KINA

出版社: 扶桑社
今は、まだ好きに自由に大泣きしている娘たち。
ちょっと前までは、ただただ純粋で、
疑うことも知らず、優しい小さな女の子でしたが、
徐々に「女」っぽくなってきて(笑)、
口答えしたり、
ちょっと意地悪なことを言ってみたり、
チクリと嫌味を言ってみたり。

女の子は口が達者で困るな〜としか思ってませんでしたが、
親の知らない所で、
トゲを受けているのかもしれないと、ハタと気付きました。
家の外で、トゲを生やして帰ってきているのかな・・・と。

外では極力トゲを返さないように過ごし、
家で甘えてトゲ大放出ならば、親の本望!
こちらも言われっぱなしで黙ってなんかいないけれど(笑)、
甘んじてトゲトゲ娘どもをギュッと抱きしめようじゃないか!
・・・なんて思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ワクワク  掲載日:2014/7/4
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん
NUMBERS(ナンバーズ)かずのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
全てのページに溢れる色と柄の数々に、
とてもワクワクした気持ちにさせられました^^
雑貨屋さんを訪れた時のドキドキやワクワクに似ています。

小さなお子さんが手に取る時も、
きっと、次のページは何色だろう?とワクワクしてくれるのではないでしょうか^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なないしょ  掲載日:2014/7/4
ないしょのかくれんぼ
ないしょのかくれんぼ 文: ビバリー・ドノフリオ
絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本 友美子

出版社: ほるぷ出版
前作が娘たちの大のお気に入りで、
続編が出たと知るや、2人とも大興奮でした。
可愛らしい絵と緻密な描き込みと「ないしょ」、
特にタイトルの和訳が素敵ですが、
もう全てがツボのようです^^

マリー達もマリア達も、
前作ではどちらも「ないしょのおともだち」でしたが、
今作では娘たち曰く
「ないしょじゃなくなったよ!かくれんぼもないしょじゃなかった!!!」

今後は母娘でないしょを共有していくのでしょうね( *´艸`)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 鮮やか!可愛い!  掲載日:2014/7/4
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん
GREETINGS(グリーティングス)あいさつのえほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
前作カラーズも本当にカラフルで素敵でしたが、この作品も素敵!

挨拶の場面の色々な感情が背景の色調とリンクしていて、
読んでいて何だかとても気持ちの良い絵本でした。

可愛いゾウのイラストにポップなカラーで、
是非雑貨にして欲しくなりました(*^_^*)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 記憶に残るリズム  掲載日:2014/6/26
宮沢賢治の絵本 雪わたり
宮沢賢治の絵本 雪わたり 作: 宮沢 賢治
絵: 方緒 良

出版社: 三起商行(ミキハウス)
小学生の頃、国語の授業で初めて触れたお話で、
「にほんごであそぼ」でも『キックキックトントン♪』の下りが扱われていて、
娘たちもすぐ口ずさみ、とても懐かしく思っていました。
何といっても、言葉のリズムの素晴らしいこと!

実家は冬かなり【しばれる】地域で、
小さな頃は少〜し雪わたりが出来るほどでした。
娘たちにも体験させてあげたくなりました^^
参考になりました。 0人

ふつうだと思う カラフル!  掲載日:2014/6/26
恐竜トリケラトプスと決戦赤い岩
恐竜トリケラトプスと決戦赤い岩 作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店
我が家の娘たちはとにかくビビりなので;一緒に読むことは出来ませんでしたが、
カラフルな恐竜たちに驚きました!

何となく茶系の色調のイメージがありますが、
もしかしたら本当にカラフルだったかもしれないし、
模様があったかもしれないし、
羽が生えちゃってたかもしれないのですよね!Σ(・ω・ノ)ノ!

いつか本当の色が解明される時が来るのでしょうか…?( *´艸`)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 行ってみたい!  掲載日:2014/6/26
どんぐりむらのぱんやさん
どんぐりむらのぱんやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
北海道にまさに「どんぐり」という有名パン屋さんがありますが、
パンと、どんぐりに限らず木の実、
ほっこり暖かくいい匂いなイメージが被るのは私だけでしょうか( *´艸`)

このシリーズの色んなお店や交番や園、
どこも「行ってみたいな〜」という気持ちにさせられます(*^_^*)
参考になりました。 0人

904件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中