うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!

きーちゃんママさんの公開ページ

きーちゃんママさんのプロフィール

ママ・30代・石川県、女の子9歳 女の子7歳

自己紹介
今年1月に4歳になった長女と今年12月に3歳になった女の子のママしてます。子供達と絵本を読む時間がとっても楽しいです。
好きなもの
子供が生まれてから、絵本の素晴らしさを知り、子供達に絵本の読み聞かせをしています。今では私が楽しんでいます。絵本集めが趣味となってきました。

可愛い雑貨を見たり、集めたりすることも好きです。
ひとこと
みなさんのレビューを参考にさせていただいて、図書館で絵本を選んだり、購入の際の参考にさせていただいています。これからもよろしくお願いします。

きーちゃんママさんの声

2582件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しい!  掲載日:2017/7/18
ここはどうぶつセンターえき
ここはどうぶつセンターえき 作・絵: たちばなさきこ
出版社: ひかりのくに
7歳次女に読みました。どうぶつセンターえきの一日が描かれています。ペロ駅長や、その仲間たちが協力し合って、駅で頑張る姿が描かれていて、次女は夢中になって読んでいました。なかなかドアからでれないイカさんや、ダチョウの親子のちょっとした事件もあって。動物たちがいっぱいで、次女はなかなか次のページに進まず(笑)

「ここ見てー」「ここにいるー」など、親子での会話がすごく盛り上がりました。おすすめですよー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魚たちってすごい!  掲載日:2017/7/18
とうさんはタツノオトシゴ
とうさんはタツノオトシゴ 作・絵: エリック・カール
訳: 佐野 洋子

出版社: 偕成社
7歳次女に読みました。

タツノオトシゴのお父さんがおなかのポケットの中で卵を育てるお話です。育てながら、いろんな魚たちに出会うのですが、お父さんの魚たちがみんな卵を育てているんです。例えば、口の中を卵でいっぱいにしていたり、頭の上に卵を乗せていたり。次女と9歳長女は「イクメンだらけー」と笑っていました。

最後にタツノオトシゴの赤ちゃんも生まれましたが、戻ってきた子を甘やかさないお父さん。素敵。

しかけもあってすごく楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も軽くショック  掲載日:2017/7/4
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典 監修: 今泉 忠明
イラスト: 下間 文恵 徳永明子 かわむら ふゆみ

出版社: 高橋書店
9歳長女がずっと欲しいと言っていたので、購入しました。「ざんねんないきもの事典」というタイトルだけあって、知って残念なことがいっぱい(笑)『ダチョウの脳みそは目玉より小さいので、記憶力が悪い』『カバのお肌はとても弱い』など、かっこいいイメージの動物たちが・・・。

長女は「可哀想に。だけど、おもしろい!」と大笑いでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく勉強になります  掲載日:2017/7/4
どうぶつさいばん ライオンのしごと
どうぶつさいばん ライオンのしごと 作: 竹田津 実
絵: あべ 弘士

出版社: 偕成社
こちらのレビューでみなさんの評価が良かったので、借りてきました。

とっても夢中になって、9歳長女は聞いていました。ライオンがヌーを食べてしまい、そのヌーが訴え、ライオンが訴えられるお話なんですが、弱肉強食の世界。どうしても草食動物が可哀想になってしまいますが、肉食動物がいるからこそ、病気が流行らなかったり、いいこともあることがわかりました。

長女も何となくわかったのではないかな?そして裁判というものにも関心を持ったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い!  掲載日:2017/7/3
図工室の日曜日
図工室の日曜日 作: 村上 しいこ
絵: 田中 六大

出版社: 講談社
7歳次女が大好きなシリーズです。私も一緒に初めて読んでみましたが、面白い!

図工室ではさみやセロハンテープ、筆、そしておいて行かれた男の子が作った恐竜。ずっと男の子を待つ恐竜に「あきらめず、思い続けることも大切なこと。その気持ちが通じることもある」というがばん。

なんだかとっても笑えてしまう場面もあるのですが、それと同時にいい言葉もいくつもあります。親もこのシリーズのファンになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛いピーマンくん  掲載日:2017/7/3
やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる
やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる 作: なかや みわ
出版社: 白泉社
やさいのがっこうシリーズ2冊目です。

ピーマン君はやさいのがっこうで、立派なやさいになるために勉強しています。赤と黄色のパプリカを見た時から、自分もいつか赤か黄色になると思い込んでいたピーマン君。次女もここで、ピーマンとパプリカが違うものとわかったようです。

にんじんと大根は日光浴でも、体に日があたらないように布団をかぶせていたり、野菜の勉強にもなりますよー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすい!  掲載日:2017/6/30
社会のしくみ図鑑
社会のしくみ図鑑 著者: 奥澤 朋美 おおつかのりこ 菅原 由美子
絵: のだ よしこ

出版社: 玉川大学出版部
9歳長女がちょっとでも社会に興味を持つようにと借りてみました。

絵もとても可愛く、中身もとてもわかりやすいです。ゴミのリサイクルの問題から、円安円高とはどういうことか?など、大人の私が見ても「なるほどー」と思うことがわかりやすく書かれています。

カラフルで可愛くわかりやすく書かれていて、女の子には特におすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛いイーラちゃん  掲載日:2017/6/20
イーラちゃんとあめふりピアノ
イーラちゃんとあめふりピアノ 作: しまだ ともみ
出版社: 偕成社
7歳次女に借りました。私が可愛い絵に魅かれて選んだのですが(笑)

イーラちゃんが上手にピアノを弾いていると、カエルの王さまがカエルの国では雨降りピアノがあって、そこで上手にピアノを弾いて歌うと雨が降るので、助けてほしいとお願いにきました。そこでイーラちゃんはカエルの国へ。

イーラちゃんの「ピアノは下手でも、たのしくね」と言って家に戻っていくんですが、そこがとても心に響きました。なんでも楽しく、それが一番ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一日中忙しい  掲載日:2017/6/20
よるのようふくやさん
よるのようふくやさん 文: 穂高 順也
絵: 寺島 ゆか

出版社: 文溪堂
7歳次女のリクエストで借りてきました。

「よるのようふくやさん」というタイトルなのに、開いたら、あれ「お店の名前がひるの」。読んでいくと分かりました。そういうことだったんですね。よるのおみせにくるのはいろんな人たち。次女とびっくりしたのは、どろぼう(笑)思いつかないようなものをだしてくるようふくやさんに、親子でびっくりでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく楽しい!  掲載日:2017/6/20
せかいの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO)
せかいの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO) 監修: 中山 京子
出版社: 小学館
9歳長女に借りてみました。結果、とってもいい!そして親の私も夢中になってしまいました。それぞれの国の挨拶から、数の数え方、じゃんけんのやり方、そしてお月様は日本では、うさぎがおもちつきをしているように見えますが、国によってちがうんです!とっても楽しい図鑑です。

小さなお子さんから、小学校高学年まで楽しめると思います。
参考になりました。 0人

2582件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『いちにちじごく』作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット