(C)Chica Umino

こどもの本の集英社  presented by 集英社みらい文庫&学芸編集部

                                                                                                                                                             

                                         


                                                                                              


注目の作品!

【集英社】イチ押しの作品をご紹介

    本を読む楽しさを教えてくれたシリーズ 40年分の総目録つき

  • コバルト文庫40年カタログ  コバルト文庫創刊40年公式記録

    コバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録

    著:烏兎沼 佳代
    出版社:集英社

    ラノベの元祖とも言われるコバルト文庫の40年間・総発行点数約4500冊がギュッと詰まった1冊です。 「本が好きになったきっかけは、コバルトだった」という永遠の少女たちに捧げます。 タイムスリップしてください。また、新しい発見もたくさんあるはずです。 コバルト・ワールドを一緒に楽しみましょう! (登場作家名:佐藤愛子、桑原水菜×今野...続きを読む

出版社エディターブログ

レビューへお返事 3連続

2020年6月3日 10時45分  

毎日、状況が変わる世の中、何かしら画面を見ている時間が増えました。「テレビを見る時は、対角線の3倍以上離れましょう」と言われたことのある昭和な私も、全然気にしなくなってしまいました。でも、やはり紙の本は好きです。そんな紙の絵本にレビューをいただきました。

おでんしゃ>動画でなくても、こんなに迫力が出せるのか、というお手本のような塚本先生の絵と楽しいお話です。あんじゅじゅさん、ありがとうございます。

では、次の更新まで、ごきげんよう。



出版社おすすめ

  • おでんしゃ

    おでんしゃ

    作:塚本 やすし
    価格:¥1,200+ 税

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    おでんの具に、車輪がついた「おでんしゃ」が、沖縄から北海道まで旅をする楽しいお話です。
    行く先々では、各地の名産品が手をふって応援しているよ。
    連結に失敗した牛すじ君は、おでんしゃに追いつけるのか? 
    読んで 笑って、地理博士にもなれる、
    よくばりな爆笑知育絵本です。
    電車が好きなお子様も、おでんが好きな大人も
    家族みんなで 出発進行!

  • ちびまる子ちゃんの表現力をつけることば教室 長文読解、記述問題、全科目の基礎力アップに

    まる子と一緒に知らない言葉を覚えよう!
    何気なく使っているけど、本当はよく意味を知らない言葉。知っているつもりで、実はまちがって覚えていた言葉。すべての科目の基礎力につながる日本語を、まるちゃんのまんがで楽しく解説します。

  • 博学王 13 1/2のビックリ大図鑑

    林修先生も大絶賛!!
    「読めば、もっと調べたくなる。
    この図鑑は"知の入口“だ!」

    いつも食べているバナナはクローン!?
    土星は水にうく!?
    世界最大の生物はキノコ!?
    おどろきの事実が1000以上!
    世界15か国で刊行され、大人気!!

    【『博学王』3つのポイント】
    1 ページをめくるたびワクワク! 大迫力ビジュアル
    2 知的好奇心を刺激! あらゆるジャンルの80テーマ
    3 考える力が育つ! 13項目+αのビックリ知識

    【林修先生が語る『博学王』の魅力】
    動きとリアリティがあり、パッと子どもの目を惹くビジュアルになっています。<…続きはこちら >>>

  • んふんふ なめこで世界遺産

    んふんふ なめこで世界遺産

    ペーパーアート:AJIN
    監修:Beeworks/SUCCESS
    価格:¥800+ 税

    大人気のキャラクター「なめこ」が、紙製の立体アートとなって、10か所の世界遺産を案内する知育絵本です。
    世界に点在する世界遺産から、ペーパーアートの第一人者AJINさんが選りすぐって、この絵本のために造りました。
    キーワードは「見る」「よむ」「あそぶ」―――
    @見る ペーパーアートで世界一周を体感
    Aよむ 世界遺産のくわしい解説で、地理や歴史を勉強
    Bあそぶ みんなで楽しめるなめこのクイズつき
    親子のコミュニケーションツールとしても最適です。

ユーザーレビュー

  • 牛すじ!

    5.0

    おでんに車輪がついて「おでんしゃ」って、タイトルからおもしろいなあ、と! 沖縄から出発して、全国横断しながら、おでんの具がつながっていくのですが、各地の名産もえがかれていて、楽しい展開です。とくに、牛すじがおもしろい! おでんが食べたくなりました。...続きを読む

  • 古典の手始めに。

    5.0

    古典は、敷居が高い・難しそう・まだ早いかな〜と思ったり。 でも、こちらの「ちびまるこちゃんの満点ゲットシリーズ」なら、漫画も多く取っ付きやすく、子供も楽しんで古典に触れられるのではないかとおもました。 古典の手始めに、堅苦しくなく学べる1冊に思いました。...続きを読む

  • モチベーションを上げられるかな!?

    4.0

    ちびまるちゃんの「満点ゲットシリーズ」、いいですよね〜。 今回のこちらは「せいかつプラスラクラク勉強法」。 生活と勉強は、小学生にとっては日常の大半。 少しでもモチベーションを上げて楽しく取り組めたら何よりですよね。 子供達が読んでみるのもいいと思いました。...続きを読む

  • 倉本 聡さんの初めての童話です 北海道の十勝岳の奥に住む 先住民 ニングル(小さなヒト)のお話です ニングルからみて 人間はどう見えるのかが書かれています えっ?と考えさせられるものばかりでした 太陽(人間が作った電気のこと) お札 (人間はお金を貯めていること) 「お金を貯めて食料にするのか?」 「喰えんものをどうし...続きを読む

  • 人間社会と素朴な先住民

    5.0

    現代文明の中で生きている人と、それを知らない先住民では、考え方、価値観が全く異なってくるのでしょう。 北海道の奥地で、生息しているニングルから見ると、照明も紙幣も時計も、全く意味不明な無用のものなのです。 土地を所有するという観念も理解不能、無意味なことなのです。 便利のようで色々なものに縛られている人間社会を、考え直させるような「...続きを読む

絵本ナビスペシャルコンテンツ限定のスペシャルインタビュー。
作家さんの作品に対する想いがつまっています。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット