1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
宮沢賢治の鳥
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の鳥

  • 絵本
文: 国松 俊英
画: 舘野 鴻
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年01月31日
ISBN: 9784265830374

小学校高学年から一般
A4変型判・36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

宮沢賢治の文学作品にはたくさんの鳥たちが登場するのを知っていますか?

『よだかの星』に出てくるヨタカやカワセミ『セロ弾きのゴーシュ』に出てくるミミズク、『二十六夜』『林の底』に出てくるフクロウに、『銀河鉄道の夜』に出てくる白鳥など。

賢治は多くの童話や詩に鳥たちを描き、そこに人間の世界を投影する事で、様々な願いや憧れ、祈りを託してきました。

この絵本は、そんな賢治作品を丹念に研究してこられ、野鳥の研究でもたくさんの著作がある国松俊英氏の文章に、舘野鴻氏の美しい絵を添えた絵本です。

賢治の野鳥を観察する温かい目と、文学作品に込められた深い願いを、鳥ごとに紹介し、その鳥が作品の中でどの様に描かれているか、また、何故その鳥だったのか、様々な背景も紹介しています。

大胆な構図と詳細な鳥の絵は、賢治の幻想的な文学作品の世界観をより広大に、奥深く感じさせます。

巻末では、妹トシを弔う賢治が白鳥座と共に岩手から樺太へ旅行し、その旅で見た風景がのちにあの『銀河鉄道の夜』を生み出した事を紹介しています。
トシの魂と交信しようとした賢治の心情や、美しく輝く白鳥座、栄浜の波の音までも聞こえてくるようで涙が溢れました。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

宮沢賢治の鳥

宮沢賢治の鳥

出版社からの紹介

宮沢賢治の童話や詩には、たくさんの鳥が登場します。その数はヨタカ、フクロウ、カッコウ、トキなど、数えると70種類以上になります。

地質調査、植物採集、登山など、賢治はいつも野山を歩きまわっていました。
いろんな季節に、いろんな場所で、飛んでいく鳥、さえずる鳥、休んでいる鳥たちに出会い、親しくなっていきました。
そして鳥の美しい羽や、すばらしい歌に魅せられたのです。
そうして賢治は多くの童話や詩に鳥たちを描き、自分の願い、あこがれ、祈りを託したのです。

賢治の作品に登場する鳥たちを、細密画と文章でつづり、賢治の自然への思い、小さな生き物への愛情を伝える絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


国松 俊英さんのその他の作品

はじめてよむこわ〜い話(7) そうめんこぞう / はじめてよむこわ〜い話(6) ねこロボットののろい / はじめてよむこわ〜い話(5) おしいれのひとりぼっちおばけ / はじめてよむこわ〜い話(3) あやしいジュース / はじめてよむこわ〜い話(4) きえたじょろうぐものひみつ / はじめてよむこわ〜い話(1) あめあがりのかさおばけ

舘野 鴻さんのその他の作品

つちはんみょう / ぎふちょう / しでむし



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

宮沢賢治の鳥

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット