話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
窓をあけて、私の詩をきいて

窓をあけて、私の詩をきいて

  • 児童書
著者: 名木田 恵子
出版社: 出版ワークス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年11月26日
ISBN: 9784907108304

四六判/192頁

出版社からの紹介

大切な想いをそっと、抱きしめる―—名作「赤い実はじけた」の著者がおくる、いまいちばん読みたい恋物語

主人公・水鳥(みどり)には咲野(さくや)と暁生(あきお)という大切な幼なじみがいる。
三人の仲間の中で、水鳥は秘密を抱えている。
ひとつは、詩を書いていること。もうひとつは、同性の咲野に特別な感情を抱いていること。
中学2年の秋、暁生の友人の眩(げん)が仲間に加わり、水鳥の詩が彼の目に触れたことで、三人の関係が少しずつ変わっていく……。
相手を想えばこそ言葉にできない切なさを鮮やかに描く、永遠・普遍の恋物語。

詩人・文月悠光氏絶賛!
本書に寄せるエッセイ「わたしたちの夜明け」を書きおろし。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


名木田 恵子さんのその他の作品

青影神話 / ドラキュラの町で、二人は /  講談社青い鳥文庫 友恋×12歳 ―ホントの気持ち― / 講談社青い鳥文庫 初恋×12歳 ―赤い実はじけた― / ことり文庫 フライ姫、どこにもない島へ / メリンダハウスは魔法がいっぱい


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 窓をあけて、私の詩をきいて

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

窓をあけて、私の詩をきいて

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット