話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

クシュラの奇跡ー140冊の絵本との日々
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クシュラの奇跡ー140冊の絵本との日々

作: ドロシー・バトラー
訳: 百々 佑利子
出版社: のら書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年05月
ISBN: 9784931129016

25×19cm
関連書籍
普及版 クシュラの奇跡

出版社からの紹介

この本は、複雑な重い障害をもって生まれたクシュラという女の子の“生”のたたかいの記録であり、その成長にかかわった数多くの絵本の物語です。
 クシュラには、生後まもなく次々と異常が発見されました。絶望的な日々の中で、なおも両親は懸命に治療法を模索し、かすかな希望の光を見出しました。昼も夜も眠れずにむずかる赤んぼうとの長い時間を埋めるため、母親がはじめた絵本の読み聞かせに生後四か月のクシュラが強い関心を示したのです。
  一人では見ることも物を持つこともできず、外界から隔絶されていたクシュラにとって、この時以来、本はクシュラと外界とをつなぐ輪となりました。そして、本によって豊かな言葉を知り、広い世界に入ったクシュラは、三歳になったころ、健常児をはるかにしのぐ得意の分野をもつに至ったのです。
 本がクシュラの知能と言葉の発達に及ぼした影響にははかり知れないものがありますが、それ以上に重要なのは、本がクシュラに友だちを運んできたことでしょう。ほとんどたえまのない苦痛と不安にさいなまれていたクシュラの心の友となった本のなかの住人たちと共に、いまクシュラは、すばらしく前向きに人生を歩んでいます。思慮深く勇気ある人々と、その深い愛に応えた幼い子どもの、これは感動の記録です。
◎エリナー・ファージョン賞受賞 ◎日本翻訳出版文化賞受賞

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドロシー・バトラーさんのその他の作品

普及版 クシュラの奇跡ー140冊の絵本との日々 / 赤ちゃんの本棚 / おうちをつくろう−クシュラにおくる詩集 / みんなわたしのー幼い子どもにおくる詩集

百々 佑利子さんのその他の作品

蝶の目と草はらの秘密 / カンガルーには、なぜふくろがあるのか / 古代エジプトのものがたり / 古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険 / ポプラポケット文庫 ジキル博士とハイド氏 / ポプラポケット文庫 聖書物語


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 文学総記 > クシュラの奇跡ー140冊の絵本との日々

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

クシュラの奇跡ー140冊の絵本との日々

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット